軽めの林道なら遠慮なく遊べそう!

GB350スクランブラー、これにて完成?! 鈴鹿で見つけたGB350カスタム【オーヴァーレーシング編】

2022年11月19日に鈴鹿ツインサーキットで開催された『サーキットパーティ』は、Honda Dream四日市/鈴鹿/松坂が主催する初心者歓迎のイベント。そこにはGB350のカスタマイズ車も多く展示された。静かに盛り上がりはじめたGB350カスタムシーンを覗いてみよう。


●文/写真:ヤングマシン編集部(ヨ) ●外部リンク:オーヴァーレーシングプロジェクツ

いわば“CL350”のクラシカルなスクランブラー感!

パドックの一番奥に鎮座していたのはオーヴァーレーシングプロジェクツのカスタマイズドGB350だ。見るからにスクランブラーらしいスタイリングに仕上げられており、最近発表されたばかりのCL250/CL500とは異なる路線のクラシカルな雰囲気がカッコイイ。

オーヴァーレーシングプロジェクツ|GB350|カスタム

現時点で販売中のパーツはアンダーガード、サイドカバーセット、SSEメガホンUPの3点。 [写真タップで拡大]

ポイントは、やはりアップマフラーとブロックタイヤだろう。さらにゼッケン風サイドカバーとアンダーガードが“らしさ”を強調している。

マフラーはフルエキゾーストの「SSEメガホンUP」。装着には右サイドカバーを外す必要があるが、そこをさらにドレスアップできrのがゼッケン風の「サイドカバーセット Type1」というわけだ。アルミ製で大型の「アンダーガード」はエンジンやダウンチューブを保護してくれるが、ドレンボルト下部にサービスホールを設けることでメンテナンス性も犠牲にしない。

前後タイヤはシンコー製E805でアドベンチャー感満点。アルミ製フロントフェンダーは他社製だが雰囲気に合わせてチョイスしたという。また、アラゴスタ製のリヤショックは開発中とのこと。

オーヴァーレーシングプロジェクツ|GB350|カスタム

GB350用 SSEメガホン UP ●価格:12万3200円 ●重量:4.51kg(STD:6.72kg) ●ステンレスエキパイ:φ45.0 ●ステンレスサイレンサー :オーバルメガホン L390mm ●音量:88db(近接)/79db(加速) ●政府認証マフラー ●最低地上高:200mm(STD公称値:166mm) ●ドレンボルト/フィルター/タンデム:OK [写真タップで拡大]

オーヴァーレーシングプロジェクツ|GB350|カスタム

GB350用 サイドカバーセット Type1 ●価格:2万6400円 ●左右セット ●ゼッケンサイドカバー:SILアルマイト ●サイドカバーベース:BLKルマイト ※ステッカーは付属しません [写真タップで拡大]

オーヴァーレーシングプロジェクツ|GB350|カスタム

GB350用 アンダーガード ●価格:1万9800円 ●STDマフラー/OVER製マフラー/STDステップ:OK ●ブラスト仕上げ ※GB350Sには非適合 [写真タップで拡大]

オーヴァーレーシングプロジェクツ|GB350|カスタム

開発中というアラゴスタ製リヤサスペンション。車高調整機構も付いており、きめ細やかなセッティングができそうだ。 [写真タップで拡大]

オーヴァーレーシングプロジェクツ|GB350|カスタム
オーヴァーレーシングプロジェクツ|GB350|カスタム

他社製というフロントフェンダーとシンコー製ブロックタイヤE805を装着していた。アップフェンダーなどにトライしてみるのも面白そうだ。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース