MT-15ベースのスポーツヘリテイジ!

ヤマハ「XSR155」ニューカラー発表! トラッカー/カフェレーサーなどオプションも充実【海外】

ヤマハがアジアで販売しているネオクラシックモデル「XSR155」にニューカラーが登場した。欧州では兄弟車のXSR125が発売されており、いずれも可変バルブ機構VVAを採用した水冷単気筒をデルタボックスタイプのスチールフレームに搭載したものだ。


●文:ヤングマシン編集部(ヨ)

日本仕様の正式導入も期待したい軽二輪スポーツヘリテイジ!

ヤマハモーターインドネシアは、MT-15とベースを共有するスポーツヘリテイジモデル「XSR155」の2023年モデルを発表した。ニューカラー×4色を投入し、カラーバリエーションを刷新。カフェレーサー/トラッカー/スポーツヘリテイジのアクセサリーも充実している。

先日発表された2022年の日本国内ランキングでは、ヤマハ車としてマジェスティS、YZF-R25/MT-25に次ぐ販売台数で軽二輪クラスの総合14位につけている。日本仕様がラインナップされず、並行輸入のみで販売される機種としては印象的な数字といえよう。

そんなXSR155は、インドネシアだけでなくタイ、フィリピンなどでもラインナップされる人気機種だ。欧州では兄弟車のXSR125が発売されており、こちらは日本への導入もあるのではとの情報も。

ネオクラシック……というか『スタンダードな、バイクらしいバイク』は世代を超えて支持を集め、大排気量クラスではZ900RSやXSR900/700などが人気。ビッグバイククラスにおけるZ900RS/Z650RSやXSR900/700らは、いずれもスポーツネイキッドをベースに着せ替え方式でクラシックな外観を手にしている。

この手法を用いた、気軽に乗れる軽二輪や原付二種クラスのニューモデルを心待ちにしているライダーは少なくないはずだ。

ヤマハ|XSR155|インドネシア仕様|2023年モデル

YAMAHA XSR155[2023 Indonesia model] [写真タップで拡大]

YAMAHA XSR155[2023 Indonesia model]

インドネシア仕様「XSR155」のニューカラーは赤、黒、銀、青の4色で、すべてのカラーバリエーションが新規色に入れ替わった。

エンジンはVVAと呼ばれる可変バルブタイミング機構を実装した最新の水冷4ストローク単気筒。フレームはスチール製のツインスパータイプだがXSR155のネオレトロスタイルに違和感なくフィットしており、アナログを象徴する「円」をテーマにデザインされたボディワークによって、見事にXSRシリーズとして成立している。

ヘッドライトとテールランプはLEDを採用し、フルLCDスクリーンのデジタルメータを装備。いずれも「円」を基調としたデザインが施されている。フロントには倒立フォークを採用し、リヤサスペンションはモノショック方式。前後に延長されたダブルシートや存在感のあるテールまわりとの組み合わせは、いわゆる1本サスでもクラシカルなスタイリングを違和感なく表現できることを知らしめている。

ヤマハ|XSR155|インドネシア仕様|2023年モデル

YAMAHA XSR155[2023 Indonesia model] [写真タップで拡大]

ヤマハ|XSR155|インドネシア仕様|2023年モデル

YAMAHA XSR155[2023 Indonesia model] [写真タップで拡大]

ヤマハ|XSR155|インドネシア仕様|2023年モデル

YAMAHA XSR155[2023 Indonesia model] [写真タップで拡大]

ヤマハ|XSR155|インドネシア仕様|2023年モデル

YAMAHA XSR155[2023 Indonesia model] [写真タップで拡大]

車名XSR155
認定型式/原動機打刻型式──
全長×全幅×全高2007×804×1080mm
軸距1330mm
最低地上高170mm
シート高810mm
キャスター/トレール──
装備重量134kg
エンジン型式水冷4ストローク単2気筒SOHC4バルブ(VVA搭載)
総排気量155cc
内径×行程58.0×58.7mm
圧縮比11.6:1
最高出力19.31ps/10000rpm
最大トルク1.5kg-m/8500rpm
変速機常時噛合式6段リターン
燃料タンク容量10.4L
WMTCモード燃費──
タイヤサイズ前110/70-17
タイヤサイズ後140/70-17
ブレーキ前油圧式ディスク
ブレーキ後油圧式ディスク
乗車定員2名
価格(インドネシア現地)3763万5000ルピア(日本円換算約32万円)
発売日──

XSR155のディテール各種

ヤマハ|XSR155|インドネシア仕様|2023年モデル

カラーバリエーションは全4色。 [写真タップで拡大]

ヤマハ|XSR155|インドネシア仕様|2023年モデル

左から、カフェレーサー、トラッカー、スポーツヘリテイジのアクセサリー装着車。 [写真タップで拡大]

ヤマハ|XSR155|インドネシア仕様|2023年モデル

これは別バリエーションとして標準ラインナップしてもいいのでは! [写真タップで拡大]

ヤマハ|XSR155|インドネシア仕様|2023年モデル

マルチリフレクターのLEDヘッドライトは、円周に沿った半円形のDRL(デイタイムランニングライト)も備えている。ハイ/ロービームが点灯すると上下それぞれの半分が光る。リフレクター中央にはXSRのロゴも。 [写真タップで拡大]

ヤマハ|XSR155|インドネシア仕様|2023年モデル

フルLCDのデジタルメーター。中央に速度を表示し、周囲にバーグラフ式回転計を配置。レッドゾーンは1万1000rpmからだ。オド/トリップのほか燃料残量計も。 [写真タップで拡大]

ヤマハ|XSR155|インドネシア仕様|2023年モデル
ヤマハ|XSR155|インドネシア仕様|2023年モデル

左右から着色したカバーで挟んだ燃料タンクはカスタムもしやすそう! タックロールタイプのダブルシートは、2022年モデルのブラウンからブラックに変更された。シート脇にはXSRシリーズに共通する「円」をモチーフとしたブラケットも。 [写真タップで拡大]

ヤマハ|XSR155|インドネシア仕様|2023年モデル

可変バルブ機構のVVAを搭載する水冷4ストローク単気筒エンジン。YZF-R15やMT-15と同じものと思われる。 [写真タップで拡大]

ヤマハ|XSR155|インドネシア仕様|2023年モデル

アナログを象徴するクラシカルな「円」を基調としたLEDテールランプ。XSR900/700に共通するイメージで質感を高めている [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース