難しいからこそ面白い!

〈動画〉スズキ・ウルフ[1988]試乗レポート【レッドバロン絶版車試乗会】乗れるもんなら乗ってみな! ストイックさを楽しむ2ストネイキッド

レッドバロンが主催する二輪媒体関係者向けの「絶版車試乗会」が那須モータースポーツランドで開催された。この試乗会はレッドバロンが販売する中古車に試乗できるというもので、20台近い試乗車が用意された。その中から今回紹介するのは1988年登場のスズキ・ウルフ(250)。レーサーレプリカ時代が収束していくなか、メーカー各社は新しいバイクのあり方を模索。1989年にゼファーが登場してネイキッドブームが巻き起こるが、ブーム前夜に生まれたウルフはレーサーレプリカ・RGV250ガンマがベースの2サイクルネイキッド。試乗車両は1988年式で走行距離は21800km。テスターはフリーライターの谷田貝洋暁だ。


●文:ヤングマシン編集部 ●写真:山内順也 ●外部リンク:レッドバロン

動画はこちら→スズキ・ウルフ[1988]試乗レポート【レッドバロン絶版車試乗会】乗れるもんなら乗ってみな! ストイックさを楽しむ2ストネイキッド


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース