第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

[’83-]ホンダ CB1100R[RD]:威信をかけ叩き出した最高速度は221km/h!【青春名車オールスターズ】

ホンダ CB1100R

200、250、そして300km/h…いつの時代もバイク乗りのロマンをかき立てる「最速」の2文字。メーカーは威信をかけ、ライダーはプライドをかけてこの戦いに挑んだ。未知の速度域を手中に収めるには、持てる技術のすべてでは不足。持たざる技術が次々に開発された時代だ。本記事では、CB900Fをベースに超急ピッチで開発されたホンダのCB1100Rを取り上げる。※本記事はヤングマシン特別号 青春単車大図鑑からの転載です。


●文:ヤングマシン編集部

ホンダが本気で勝ちにいったマシン【ホンダ CB1100R】

ホンダにおけるステイタスシンボル、もしくはそのブランドイメージをより強固にする旗艦モデルとして開発されたCB1100R。ホンダが自社の威信を賭けるとすれば、本機でのレースの勝利も必然。開発段階からこの事が強く意識され、その年のプロダクションレース出場も早くから決められていた。

ベース車として選ばれたのは、バランスのよさに定評があったCB900F。エンジンは排気量を拡大し、フレームは整備性を犠牲にしてまでも高剛性を追求、専用のディメンションが与えられ、赤塗装で仕上げられた。アルミタンクにFRPのカウルやシングルシートといった装備も、当時の市販車としては非常識な豪華さだった。

開発は’79年末から着手され、デビューレースは’80年10月の豪州カストロール6時間耐久に設定されていたから、その生産が通常では考えられないほどの急ピッチであった事がわかる。これを成し遂げた原動力とは開発チームの熱意だけであったと言うから、これまた驚きである。

ホンダ CB1100R

【’83 HONDA CB1100R[RD]】■空冷4スト並列4気筒4バルブ 1062cc 120ps/9000rpm 10kg-m/7500rpm ■233kg(乾) ■タイヤF=100/90V18 R=130/80V18 ※輸出モデル [写真タップで拡大]

実際、ごく初期のロットではカウルの装着が間に合わず、ノンカウルの丸目ライト仕様がデリバリーされた(RB1)ほどだった。こうして戦場に赴いた1100Rは、果たして初陣を制して鮮烈なデビューを飾り、続く生産車には当初の予定通りカウルも備えられ、秋の英国アールズコートショーで正式に発表された。

当初は1000台強の限定販売の予定だったが、好評を受けて翌年型も続投が決定。開発期間の短さから不満の残った部分も改良が加えられ、’82年型、’83年型が完成した。わが国にも相当数が上陸したが、高価な逆輸入車だけに購買層は限られていた。

ベストセラーだとかヒットモデルといった方向は眼中になく、ひたすら最高を目指し必ず勝つ…だからこそ値段も性能も、まさに特別なモデルだったのだ。

ホンダ CB1100R

[写真タップで拡大]

ホンダ CB1100Rの系譜

[’81]ホンダ CB1100R RB

ホンダ CB1100R RB

【’81 HONDA CB1100R RB】異例の急ピッチで開発された初期型は大型のカウルを装着、これはCB900F2から造型を流用(ただし材質はFRP、レッグシールドは省略)したもの。勝利のみを追求した完全なシングルシートで、タンデム不可。ホイールは裏コムスターでF19/R18インチ。実は時間の関係から煮詰めきれなかった点は少なくない。シリーズを通しての生産台数は約5500台前後と言われる。 [写真タップで拡大]

ホンダ CB1100R RB|エンジン

CB900Fの64.5×69mmからボアのみを拡大、70×69mmとして1062ccを獲得したRBのエンジン。最高出力115psを発揮する。冷却効果を狙いオイルクーラーも採用。 [写真タップで拡大]

ホンダ CB1100R RB|メーター

見やすい2眼式の大径メーターは基本的にCB900/750F系を流用する。カウルステーではなくトップブリッジにメーター本体がマウントされるのも初期型RBの特徴だ。 [写真タップで拡大]

[’82]ホンダ CB1100R RC

ホンダ CB1100R RC

【’82 HONDA CB1100R RC】前後18インチのブーメランコムスターホイールを採用。Fフォークはφ37→39mmに大径化され、専用設計フルカウルも備えて技術陣の不満を解消した2型。タンデムも可能に。 [写真タップで拡大]

ホンダ CB1100R RC|エンジン

RC以降のエンジンは吸排気系の変更でフルパワー120psを発揮。内部は基本的に同一で、左右クランクケースカバーの形状が変更された。RDでは金色のカバーがツヤのある仕上げに。 [写真タップで拡大]

ホンダ CB1100R RC|メーター

RC以降はマウント位置がカウルステー側となり、ステアリング周辺の重量が低減。回転計は電気式に変更された。その下にインジケーターを並べ、新たに油温計も装備。 [写真タップで拡大]

[’82]ホンダ CB1100R RD

ホンダ CB1100R RD

【’83 HONDA CB1100R RD一見しての印象はRCと大きく変わらないが、フロントカウルは形状を変更。塗色もソリッドからメタリックへと高級感を増し、スイングアームも角型パイプへと換装された。 [写真タップで拡大]

ホンダ CB1100R RD

RDは角段面スイングアームと冷却性に優れるアルミ製リザーバータンクのリヤサスを採用。空冷直4の王者にふさわしい仕上がりを誇った。 [写真タップで拡大]

ホンダ CB1100R 派生モデル

[’83]ホンダ CB1100F

ホンダ CB1100F

【1100R譲りのエンジンを持つ「F」系最後発のトップモデル】1100R譲りの排気量を持ち、’83年の1シーズンだけ販売されたF系の最高峰モデル。欧州とカナダ仕様では丸目ライトに金色のブーメランコムスターホイールを装着。 [写真タップで拡大]

[’83]ホンダ CB1100F[北米仕様]

ホンダ CB1100F

【北米は角目ビキニにキャストホイール】アメリカおよび南ア仕様では角目ビキニカウル、専用メーターにバーハンドルを採用。ホイールも6本スポークのキャスト仕様だ。黒仕上げのマフラーは仕向け地を問わず同一。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース