第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

試作車の国内撮影会よりお届け!

【超速報】ホンダ「CL250」「CL500」純正カスタムを撮った!! ラリー寄せとツーリング仕様

ホンダは、EICMAで発表したニューモデルの撮影会を国内で行い、そこにはCL250純正用品装着車/CL500純正用品装着車の姿も。さっそく現地より速報をお届けしたい。リモートでの記事制作のため、スマホ画質はご容赦!


●文:ヤングマシン編集部(ヨ) ●写真:ヤングマシン編集部(マツ) ●外部リンク:ホンダ



※試作車のため、量産車とは一部仕様が異なる場合がございます。

ホンダが国内でメディア向けに行なっている「Honda NEW モデル撮影会」に潜入中のヤングマシン編集長から緊急入電! EICMAで発表されたばかりのCL500だけでなく、CL250の姿もあったというのだ。

すでに速報記事ではノーマル車両の姿をお届けしているので、ここでは純正用品装着車の姿を生撮りでお届けしたい。

なお、見出しにもある通り撮影したのは試作車であり、量産車とは一部使用が異なる場合があるのでご留意願いたい。

また、各パーツの価格や発売時期といった詳細は未発表なので、名称と写真、簡単な解説のみとなることをご容赦いただきたい。

まずはCL250から!

Honda CL250 Genuine Customized

ラリースタイルに仕立てられたCL250。装着してあるパーツは、ナックルガード、ラリーステップ、アップフェンダー、ヘッドライトバイザー、リヤサイドカバー、リヤクッションカバー、フラットシートだ。

ホンダ|CL250|純正用品装着車
ホンダ|CL250|純正用品装着車

Honda CL250 Genuine Customized [写真タップで拡大]

ホンダ|CL250|純正用品装着車
ホンダ|CL250|純正用品装着車

ナックルガードとアップフェンダー、ヘッドライトバイザーがよくわかる。往年のゲレンデシュトラッセ風ですな。 [写真タップで拡大]

ホンダ|CL250|純正用品装着車
ホンダ|CL250|純正用品装着車

ラリーステップやゼッケン風サイドカバー、リヤクッションカバー、フラットシートはこんな感じ。 [写真タップで拡大]

ホンダ|CL250|純正用品装着車
ホンダ|CL250|純正用品装着車

されに別アングルも。これらを標準装備したバリエーションモデルがあってもいいと思う人はぜひお客様相談室へ。 [写真タップで拡大]

ノーマル車両と比較。けっこう大掛かりにスタイルチェンジできることがわかる。 [写真タップで拡大]



Honda CL500 Genuine Customized

こちらはツーリングスタイルのCL500だ。装着パーツは、38Lトップボックス(ワンキー)、バックレスト、リヤキャリア、サドルバッグ、センタータンクパッド、アジャスタブルブレーキレバー、スポーツグリップヒーター、アクセサリーソケット。

ホンダ|CL500|純正用品装着車
ホンダ|CL500|純正用品装着車

Honda CL500 Genuine Customized [写真タップで拡大]

ホンダ|CL500|純正用品装着車
ホンダ|CL500|純正用品装着車

Honda CL500 Genuine Customized [写真タップで拡大]

ホンダ|CL500|純正用品装着車
ホンダ|CL500|純正用品装着車

リヤキャリアにマウントした、ワンキーシステムを備える容量38Lのトップボックス。バックレストも装着してあるので、パッセンジャーが快適に。サドルバッグは容量未発表。 [写真タップで拡大]

ホンダ|CL500|純正用品装着車
ホンダ|CL500|純正用品装着車

スポーツグリップヒーターとアジャスタブルブレーキレバー。 [写真タップで拡大]

ホンダ|CL500|純正用品装着車
ホンダ|CL500|純正用品装着車

アクセサリーソケットはスマートフォンの充電や電熱グッズなどさまざまに活躍しそう。センタータンクパッドは試作品で寄り(接写)厳禁とのこと。遠目からお楽しみください。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース