第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

[’82-]ヤマハ XJ650ターボ:世界初のキャブターボ車【青春名車オールスターズ】

ホンダによるCX500の発表を皮切りに、日本にもターボエンジンの時代が訪れた。各社競うようにターボ車の開発に挑み、それぞれの方式でリッターマシンのパワーに迫ろうとした。中でもヤマハのXJ650ターボの特徴は、市販車として初めてキャブレターエンジンを採用したことだ。 ※本記事はヤングマシン特別号 青春単車大図鑑からの転載です。


●文:ヤングマシン編集部



ヤマハが選んだのはキャブレター式【’82 ヤマハ XJ650ターボ】

CX500ターボと同じく、’81年の東京モーターショーに出展されたモデルで、XJ650をベースにしたターボ車。モーターショーにはインジェクションとキャブレターの2パターンが展示されたが、市場に投入されたのはキャブレターモデルの方だった。ライバル車が全てインジェクションを採用したため、本車はキャブターボとしては市販車初のモデルとなる。

ヤマハ XJ650ターボ

【’82 YAMAHA XJ650T】■空冷4スト並列4気筒 DOHC2バルブ 653cc 90ps/9000rpm 8.33kg-m/7000rpm ■230kg ■タイヤF=3.25-19 R=120/90-18 ※輸出モデル [写真タップで拡大]

ヤマハ XJ650ターボ 兄弟モデル

XJ650ターボで実証したエンジンの耐久性を元に、エンジンが拡大されXJ750といううラインナップが誕生。中でもXJ750Dはカウルなどのデザインや装備メカニズムなどを踏襲し、優れたツアースポーツとして完成された。

ヤマハ XJ750/II

【’82 YAMAHA XJ750/II】主要諸元■空冷4スト並列4気筒 748cc 70ps 6.2kg-m ■231kg ●価格:85万円 [写真タップで拡大]

ヤマハ XJ750 EII

【’83 YAMAHA XJ750 EII】■空冷4スト並列4気筒 748cc 72ps 6.2kg-m ■215kg ●価格:68万円 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース