第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ホンダ レブル1100にバガー仕様の追加機種が存在!?〈YM未来予想〉

ホンダ レブル1100ツアー[予想モデル]

●文:ヤングマシン編集部 ●CG:SRD

アフリカツイン譲りの1082cc並列2気筒を専用フレームに積み、’21年にデビューしたホンダ レブル1100。大ヒットしている250の親玉とあって、セールスは好調だ。

そんなレブル1100に“追加機種を導入”との情報が舞い込んできた。詳細は不明だが、レブル250Sエディションのようにビキニカウルなどを与えたバージョンと予想できる。さらに妄想成分を強め、スポーティなバガースタイルとしてみたのが、上掲のイメージCGだ。

ハーレーのSTシリーズに代表されるように、近頃は’80年代クルーザーをオマージュしたクラブスタイルがブーム。これは、カウルとサイドケースを備え、走りが得意なバガーカスタムを指す。同時に米国ではバガーでレースを行う「キング オブ ザ バガーズ」も人気だ。編集部が予想した「レブル1100ツアー(仮)」はこの流れに乗り、丸みを帯びたフレームマウントのカウルとサイドケースを与えたレトロ風バガー。カウルによって高速クルージングが一段とラクちんに。もちろんレブルの高い運動性能はクラブスタイルに最適だ。

ハーレーのロードグライドSTに近いイメージも漂うが、アチラは400万円に近く、ローライダーSTも300万円超。レブルがベースなら断然お手頃プライスでゲットできるだろう。

ホンダ レブル1100ツアー[予想モデル]

【予想モデル:’23 HONDA REBEL 1100 TOUR】レブル1100の派生機は、クラブスタイルの文法を踏襲したスポーツバガー? カラーもソリッド系でキメてみた。意外と似合うのでは!? ●予想登場時期:’22年末~’23年初頭 ●想定価格帯:120~130万円 [写真タップで拡大]

ホンダ レブル1100

【ベースモデルはレブル1100/DCT】スポーティかつ味のある心臓にDCTを融合。派生機ではアフリカツインと同様のカラー液晶メーター搭載を希望。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース