第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

鈴鹿8耐で初披露したマシン

カワサキがインターモトで新型電動バイクの生産プロトタイプを公開

カワサキはインターモト2022で、プレスカンファレンスにおいて多くの領域に触れたスピーチの1要素として、電動バイク(EV)の生産プロトタイプを公開した。



2022年のうちに3台の電動バイクを発表する!

カワサキは、10月4日にドイツ・ケルンで開幕したインターモト2022で、電動ビークル(EV)の生産プロトタイプを公開した。今年の鈴鹿8耐で初めて披露されたこのEVは、カワサキが考える将来のパワーユニットのひとつである電動モーターを搭載している。

カワサキは2022年のうちに3台の電動ビークルを登場させると宣言しており、その第1弾として6月にエレクトロードを発表。これに続く第2弾として、生産車に近いネイキッドスタイルの電動バイクをインターモトで披露したわけだ。また、カワサキはこのほかに、水素を使った内燃エンジンやEフューエル、バイオ燃料も検討しているとした。

公開された新型EVはクラッチレバーを備えておらず、変速機構なしのシンプルな構成と思われる。また、足まわりはZ250/400に相当するものと思われ、モーター出力もそのクラスに準じたものが想像できる。

11月8日にイタリア・ミラノで開幕するEICMA 2022では、さらなる発表がありそうだ。じっさいに市販されるのはいつ頃なのか、情報を収集していきたい。

Kawasaki unveils EV production prototype at Intermot

Kawasaki unveils EV production prototype at Intermot [写真タップで拡大]

Kawasaki unveils EV production prototype at Intermot

Kawasaki unveils EV production prototype at Intermot [写真タップで拡大]

Kawasaki unveils EV production prototype at Intermot

Kawasaki unveils EV production prototype at Intermot [写真タップで拡大]

Kawasaki unveils EV production prototype at Intermot

Kawasaki unveils EV production prototype at Intermot [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース