鉄フレームのハヤブサ”鐵隼”と振り返る、テイストオブツクバ ハーキュリーズ参戦マシン

テイストオブツクバ(TOT)における1クラス、ハーキュリーズ。そのレギュレーションは、フレームがスチール製であれば基本的に何でもアリ。もちろん、オリジナルフレームやスーパーチャージャー、最新スーパースポーツ用エンジンの使用もOKで、現代の日本でここまでの多様性が認められ、しかも超ハイレベルなバトルが堪能できるレースは、おそらくハーキュリーズだけだろう。本記事では5月15日開催のTOTに参戦した個性的マシンを、ヤングマシンが密着した鐵隼を中心に紹介する。

●文:ヤングマシン編集部(中村友彦) ●写真:真弓悟史 佐藤寿宏

#23 加賀山就臣選手/スズキ ハヤブサ”鐵隼”(Team KAGAYAMA):決勝2位

外観はどう見ても初代ハヤブサなのだが、フレームはチームカガヤマが独自に製作したスチール製。「筑波を速く走る」ことを最優先し、STDに対しヘッドパイプをライダー側に40mm寄せるなどの独自ディメンションだ。アルミ鍛造の前後ホイールはゲイルスピードSB-1で、ブレーキパーツはブレンボで統一。燃料タンクは同社が開発したアルミ製。

Team KAGAYAMA HAYABUSA

【Team KAGAYAMA HAYABUSA】 [写真タップで拡大]

Team KAGAYAMA HAYABUSA

JEの鍛造ピストンを組み込んだ初期型用のエンジンは、後輪で173psを発揮。インジェクション関連はノーマルを使用。 [写真タップで拡大]

Team KAGAYAMA HAYABUSA

ラジエターは大容量化。バンク角を増やすため、クランクケース左右カバーは下側をカット。排気系はヨシムラの特注品。 [写真タップで拡大]

Team KAGAYAMA HAYABUSA

スイングアームは軸間距離が長いGSX-R1000用で、白いドライブチェーンはRKのスペシャル。ステップは同社オリジナル。 [写真タップで拡大]

Team KAGAYAMA HAYABUSA

FRPカウルはTOTの規定に準じたハーフ仕様。アナログ式メーターは純正で、前後ショックはオーリンズ/アラゴスタ。 [写真タップで拡大]

Team KAGAYAMA HAYABUSA

[写真タップで拡大]

#414 光元康次郎選手/カワサキ ニンジャH2R(Garage414&Woodstock):決勝1位

光元選手+H2Rは、今大会で2度目のハーキュリーズ制覇を達成。従来はあり余るパワーに手を焼いていたものの、OVERの両支持式スイングアームを新規導入することで、コーナーの立ち上がりで格段にアクセルが開けやすくなったと言う。

KAWASAKI NINJA H2R

【KAWASAKI NINJA H2R】 [写真タップで拡大]

KAWASAKI NINJA H2R

フロントキャリパーを冷却するカーボンダクトもOVER。前後ショックはオーリンズを選択。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI NINJA H2R

前後ホイールはJBマグタンで、ステップはウッドストック。ドリブンスプロケットはISA。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI NINJA H2R

[写真タップで拡大]

#71 新庄雅浩選手/カワサキZRX1200S(First☆Star AUTOBOY ACTIVE):決勝4位

赤旗中段前の決勝レースをリードした新庄選手のZRXは、ストリートカスタムのお手本になりそうな要素が満載。今回はアクティブの協力を得て、リヤにリンク式ツインショックを導入。前後ホイールとブレーキキャリパーはゲイルスピード。

KAWASAKI ZRX1200S

【KAWASAKI ZRX1200S】 [写真タップで拡大]

KAWASAKI ZRX1200S

エンジンにはJEのビッグブロックキットを投入。キャブはFCRφ41mmで、排気系はストライカー。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI ZRX1200S

プレスフォーミングタイプのスイングアームはアクティブ製で、リアショックはハイパープロ。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI ZRX1200S

[写真タップで拡大]

#43 江口 謙選手/OVER Racing OV-43(OVER RACING):決勝10位

外観はZ900RS風になっているけれど、OV‐43はZX‐10Rのスチールフレーム仕様と言うべき構成で、エンジンやディメンション、足まわりの主要部品は、ZX‐10R用をほぼそのまま踏襲。初陣となった今大会は、サスペンションセッティングで苦戦。

OVER Racing OV-43

【OVER Racing OV-43】 [写真タップで拡大]

OVER Racing OV-43

リヤショックはアラゴスタで、ホイールはマルケジーニ。フロントディスクはサンスターに変更。 [写真タップで拡大]

OVER Racing OV-43

トラス構造のスチールフレームやアルミタンク、ステップ、マフラーなどは、オーバーのオリジナル。 [写真タップで拡大]

OVER Racing OV-43

[写真タップで拡大]

#14 豊田浩史選手/OVER Racing OV-41(OVER-classics):出走せず

オーバーオリジナルのダブルクレードルフレームにスズキの油冷4気筒を搭載するOV-41は、海外のクラシックTT-F1レース参戦を念頭に置いて製作。豊田選手の負傷で今回は参戦を見合わせたが、パドックでは多くの観客から注目を集めていた。

OVER Racing OV-41

[写真タップで拡大]

OVER Racing OV-41

【OVER Racing OV-41】 [写真タップで拡大]

OVER Racing OV-41

油冷エンジンには、JEφ83mm鍛造ピストンやヨシムラST-2カム&バルブスプリングを投入。 [写真タップで拡大]

OVER Racing OV-41

アルミタンクもOVER。ハリスタイプのカウルはイギリス製で、キャブレターはFCRφ41mm。 [写真タップで拡大]

これ以外にも多岐にわたる参戦車両!

ハーキュリーズの主役は昔からカワサキGPZ900R/ZRX系で、左サイドにカムチェーンを備える伝統の水冷4気筒は現在も大人気。とはいえ、ヤマハやスズキにこだわるライダーも存在するし、今大会で3位に入賞した岩崎選手のZ1000は、GPZ900R/ZRX系とは路線が異なるモデルだ。

KAWASAKI Z1000

#70 岩崎朗選手/カワサキZ1000(パワービルダー&岩崎三兄弟):決勝3位 [写真タップで拡大]

YAMAHA FZ750

#62 茂木正人選手/ヤマハFZ750(MASSA-R&岩崎農園):決勝6位 [写真タップで拡大]

SUZUKI GS1200SS

#82 谷正明選手/スズキGS1200SS(TURTLE&谷屋):決勝12位 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース