舗装路も得意な21インチアドベンチャー【トライアンフ タイガー900ラリープロ】試乗ショートインプレッション

3年ぶりの実施となる日本自動車輸入組合(JAIA/ジャイア)による『輸入二輪車試乗会・展示会』。’22年の各社の自慢のモデルを一気乗りしてきた。テスターはフリーライターの谷田貝洋暁で身長172cm、体重75kgだ。本記事では、トライアンフのタイガー900ラリープロを取り上げる。

●文:ヤングマシン編集部(谷田貝洋暁) ●写真:真弓悟史 ●外部リンク:トライアンフ

トライアンフ タイガー900ラリープロ 試乗ショートインプレッション

大幅な軽量化&Tプレーンクランクシャフト化を行ったタイガー1200が登場したばかりだが、タイガー900シリーズは排気量改変時、一足先にTプレーンエンジンを採用。その最大の効用はトラクション性能の最適化。従来の120度間隔のクランクレイアウトでは、トルクがフラットすぎてダートセクションではトラクションが非常に掴みにくく、テールスライドを誘発しやすかった。実際に乗ってみると、Tプレーン化されたことで随分トラクションが掴みやすくなっている。

TRIUMPH TIGER 900 RALLY PRO

【TRIUMPH TIGER 900 RALLY PRO】■全長NA 全幅935 全高1452/1502 軸距1550 シート高850/870(各mm) 車重226kg(装備) ■水冷4ストDOHC並列3気筒 888cc 95.2ps/8750rpm 8.8kg-m/7250rpm 変速機6段リターン 燃料タンク容量20L ブレーキF=ダブルディスクφ320mm R=ディスクφ255mm タイヤサイズF=90/90-21 R=150/70R17 ●色:白 茶 緑 ●価格:190万5000円~ [写真タップで拡大]

TRIUMPH TIGER 900 RALLY PRO

【ライディングポジション】シート高は2段階切り替え式。写真は低い方の850mmで、両足を着こうとすると踵が4cmほど浮く。ただしライディング的には870mmの方がコントロール性がよく疲れなさそう。 [写真タップで拡大]

TRIUMPH TIGER 900 RALLY PRO

電子制御スロットルを搭載し、クルーズコントロール/クイックシフターなどを装備し、走行モードは6種類から選べる。 [写真タップで拡大]

TRIUMPH TIGER 900 RALLY PRO

シリーズの中でもラリープロは、「OFFROAD-PRO」モードを備え、電子制御の全面カットが可能。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

トライアンフ TIGER 900 RALLYの価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

トライアンフ TIGER 900 RALLY

トライアンフ TIGER 900 RALLY

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 3価格種別 中古車 0

本体

192.38万円

価格帯 190.5~193.5万円

本体価格

本体

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

12.76万円

価格帯 13~13.3万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

205.15万円

価格帯 203.5~206.8万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す
WEBヤングマシン|新車バイクニュース