絶妙なユルさと“カブみ”が魅力 GPX POPz110 試乗ショートインプレッション

GPX POPz110

元気のいいデザインとリーズナブルな価格で着実にファンを増やしているタイのメーカー、GPXの試乗会に編集部員が参加してきた。空冷ツインのレジェンド250、横型エンジンのPOPz110、そして単気筒スポーツGR200Rらのアナログな乗り味を丸一日楽しみ尽くした。本記事ではPOPz110を取り上げる。

●文:ヤングマシン編集部 ●写真:GPX ●外部リンク:GPX

GPX POPz110 概要

GPX POPz 110

【GPX POPz 110】■全長1880 全幅745 全高1070 軸距未発表 シート高760(各mm) 車重100kg(装備) ■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 109cc 出力未発表 変速機4段ロータリー 燃料タンク容量4L ■タイヤサイズF=2.25-17 R=2.50-17 ●色:緑 橙 赤 銀 黒 ●価格:26万4000円 ●発売中 [写真タップで拡大]

GPX POPz 110

カラーリングは5色展開。ブラウンのシートやシルバーのキャストホイールは共通で、モッズを意識したロゴも各色共通だ。 [写真タップで拡大]

GPX POPz 110|ライディングポジション

【ライディングポジション】スーパーカブ110よりシート高は25mm高いが足着きに不安は全くなし。ハンドル&グリップ位置も自然だ。タンデムシートがある代わりにキャリアはフロントのみの装備に。[身長170cm/体重70kg] [写真タップで拡大]

絶妙なユルさと“カブみ”を併せ持ち、価格も魅力

従来型は125ccだったが、’22年モデルで110が導入されたポップス。ボディの形状は踏襲しつつ110ではよりレトロポップなカラーになった。

横型シリンダーの空冷エンジンは国産車でいうスーパーカブと同様の構成で、乗り味もけっこう似ている…のだが、新型スーパーカブ110が柔らかくスムーズなフィーリングなのに対し、こちらは元気のいいサウンドとパルス感が特徴的だ。カブ好きがいう「カブみ」成分は強めといってよく、これにしっかりしたブレーキとシャキッとしたキャストホイール、そしてやや柔軟なタイヤという組み合わせが絶妙なユルさを演出している。

4段ロータリー式ミッションのシフトフィーリングは上々で、遠心クラッチの設定も自然。ストレスなく加速でき、シフトダウンも思った以上にスムーズだ。高回転をキープすれば、限られたバンク角の範囲(ステップが接地しやすい)でスポーティな走りを楽しむこともでき、サスペンションや車体にも破綻する気配はなかった。

アジアらしい元気のよさと絶妙なユルさ。他人と違うものが欲しいライダーにはうってつけかも。

GPX POPz 110|エンジン

FIを備える109ccの横型シリンダー単気筒エンジン。スターターはセル/キック併用式だ。出力未公表だが元気はいい。 [写真タップで拡大]

GPX POPz 110|シート下

メインキーでシートを開けることができ、シート下には燃料タンクが。シート裏には車載工具がマウントされている。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

GPX POPz 110の価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

GPX POPz 110

GPX POPz 110

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 20価格種別 中古車 0

本体

26.4万円

価格帯 26.4万円

本体価格

本体

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

4.77万円

価格帯 ―万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

31.17万円

価格帯 26.4~32.49万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す
WEBヤングマシン|新車バイクニュース