160ccの4バルブと言えばPCXエンジン

おっ、ADV160登場?! ホンダがティーザーを展開! 正式発表は6月24日か【海外】

ホンダはインドネシアで、赤い車体のスクーターを映し出したティーザーを開始した。24秒の映像からはヘッドライトの表情のほか、段付きシートやスクリーンの形状などが判別できる。正式発表は2022年6月24日と見てよさそうだ。

YOUTUBE、Instagramなどで次々と

PCX160と同様の水冷4バルブ「eSP+(enhanced Smart Power Plus)」を搭載すると見て間違いない。 [写真タップで拡大]

PCX160系の4バルブエンジンを搭載した、ホンダの新型スクーターが登場する! インドネシアでホンダが展開をはじめたティーザー映像では、現行ADV150に似たヘッドライトの表情をたたえた車体と、4バルブ160のロゴマークが確認できる。最新ラインナップで4バルブエンジンを採用するスクーターはPCX160と、2月に発表されたヴァリオ160(インドネシアで)のみ。これに追加される新バリエーションとなれば、やはりADV160が既定路線だろう。

現行ADV150と新型ADV160(と思われるスクーター)のシルエットを比較してみると、ホイール径やシート高でおおよその位置を合わせた場合、ヘッドライトの位置や表情は酷似。スクリーンは起きて高くなっているが、元々ADV150は調整式なので、もしかすると似たような位置に収まっている可能性もある。

前後ホイールは現行に似た形だが、フレームはおそらくPCX160と共通の新型だろう。サスペンションまわりもそれに合わせた形としつつ、ホイールトラベルが延長されているに違いない。いずれにせよ外装類はほとんど新作だろう。

現行モデルのADV150は2020年2月14日、コロナ禍が始まったばかりの頃に発売され、期間限定カラーが一度追加されたのみで他には変更なく現在に至っている。そのままイッキに新型へと生まれ変わることになるのか……!

ティーザーがはじまったのは2022年6月21日で、そのメッセージ内には「6月24日に向けて準備せよ!」とか、インドネシア初の高度な技術(?)等の文言がある。ティーザー開始時間から見て、日本時間の6月24日20時あたりに何かがあるはずだ。刮目して待ちたい!

左が公開されたもので、右は明るく加工してみたものだ。ヘッドライトの形状は現行にかなり近いように見えるほか、全体のシルエットは海外で発表されているADV350にも共通するシュッとした感じがあるようにも思える。 [写真タップで拡大]

参考:【HONDA ADV150】主要諸元■全長1960 全幅760 全高1150 軸距1325 最低地上高165 シート高795(各mm) 車重134kg(装備)■水冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ 15ps/8500rpm 1.4kg-m/6500rpm 無段変速 燃料タンク容量8L■タイヤサイズF=110/80-14 R=130/70-13 ●価格:45万1000円 ●色:茶、黒、赤 ●2020年2月14日発売 [写真タップで拡大]

【動画】ホンダがインドネシアで公開したティーザー映像


※本記事は”ヤングマシン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース