GB350の海外版はもっとクラシカル

やっぱりメッキフェンダーは魅力的! ホンダ「ハイネスCB350」に新色マットグレーが登場【海外】

ホンダインディアは、GB350の海外版である「ハイネスCB350(H’ness CB350)」にニューカラーのマットグレーを設定したと発表した。日本のGB350とはカラーバリエーション展開が異なるハイネスCB350だが、ちょっと羨ましくなるところも?

GB350は日本で塗装、ハイネスCB350はインドで塗装

ホンダビッグウイングの公式SNSでは“Now meet any challenge in new style – Introducing the Mat Massive Grey”と謳う。 [写真タップで拡大]

ホンダモーターサイクルアンドスクーターインディアは、インド市場で発売されてから約1年半が経過したハイネスCB350(H’ness CB350)にニューカラーのマットグレーを設定した。2021年末に登場した特別仕様のアニバーサリーエディションに続く新たなカラーバリエーションだ。

2020年9月末にインドで発表されたハイネスCB350は、インドで最大勢力を誇るロイヤルエンフィールドに対抗するための新作クラシックモデル。70×90.5mmというロングストロークの空冷単気筒エンジンを搭載し、兄弟車のCB350RSとともに販売好調だ。生産はインドで行われている。

このスタイルと乗り味を日本に持ち込み、車名も変更したのが大人気のGB350およびGB350Sだ。GB350/Sは日本でのノックダウン生産方式がとられ、インドから運ばれたパーツは熊本製作所で組み立てられる。塗装も日本で行われているだけに、インドにおけるカラーバリエーションとは全く異なる車体色が揃う。

とはいいうものの、ハイネスCB350だけのディテールである前後メッキフェンダーやアルミ地色を生かしたステッププレートなどは、こんなバリエーションがあったら欲しいと思わせるのも確か。新たにインドで登場したマットシルバーは特にこれらが映えて見えるので、日本のGB350にも次期カラーが登場するならぜひとも検討していただきたいくらいだ。

ハイネスCB350には、DLX/DLX Proと2つのバリエーションが用意され、DLX Proはツートーンカラーを採用。ということは今回の新色は標準モデルのDLXということになるはずで、これにてDLX=赤、緑、黒、艶消し灰(新色)/DLX Pro=黒×灰、青×白、黒×銀という全7バリエーションとなったわけだ。

また、2021年末に登場したアニバーサリーエディションはブラウン表皮の前後分割シートやクロームメッキ仕上げのサイドスタンドを採用しており、これらのディテールも所有感を高めてくれそう。前後フェンダーなども含め、パーツだけでも日本で買えればうれしいところだが……。

HONDA H’ness CB350 DLX/DLX Pro[India model]※参考

主要諸元■全長2163 全幅800 全高1107 軸距1441 最低地上高166 シート高800(各mm) 車重181kg(装備)■空冷4ストローク単気筒SOHC 348.36cc ボア×ストローク70mm×90.5mm 圧縮比9.5 21ps/5500rpm 3.06kg-m/3000rpm 変速機5段 燃料タンク容量15L■キャスター27°05′/トレール120mm ブレーキF=φ310mmディスク+2ポットキャリパー R=φ240mmディスク+キャリパー不明 タイヤサイズF=100/90-19 R=130/70-18 ●インド現地価格:19万ルピー~ ●色:DLX=赤、緑、黒、艶消し灰(新色)/DLX Pro=黒×灰、青×白、黒×銀

ホンダ|ハイネスCB350 DLX/PRO

【HONDA H’NESS CB350 DLX】丸眼1灯に空冷フィンを刻む心臓、リヤ2本サスで往年のCBスタイルを構築。ライト下はインド特有のフロントナンバー用ホルダーだ。 [写真タップで拡大]

ホンダ|ハイネスCB350 DLX/PRO

【HONDA H’NESS CB350 DLX PRO】CBらしさを織り込みつつ、力強く、高級感溢れるフォルム。前後フェンダーなど各部のメッキも眩しい。ハンドルはアップライトだ。 [写真タップで拡大]

ホンダ|ハイネスCB350 DLX/PRO

【基本版と上級版の2グレード展開】通常版「DLX」と上級版「DLXプロ」を設定。後者はHSVCS(ホンダスマートフォンボイスコントロールシステム)などを備え、現地価格はDLX比で5000ルピー(約1.3万円)高の19万ルピー(約27.5万円)。 [写真タップで拡大]

ホンダ|ハイネスCB350 DLX/PRO

【6色展開でシートも2色あり】プロにツートーンの3色、DLXにソリッドの3色を用意。ツヤ消し黒×銀/赤/ツヤ消し緑には、ブラウンシートが備わる。 [写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース