チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

GB350にスリップオンマフラー装着で一段上質なトルク特性を獲得〈アールズギア〉

アールズ・ギア|マフラー|ワイバンクラシック スリップオン

いいなと思う製品はあっても、感動を覚えるマフラーはそう多くない。アールズギアのホンダGB350用「ワイバンクラシックスリップオン」は、まさしくそんなマフラーだった。また一段とGB350を好きになれる製品だ。

●文/写真:ヤングマシン編集部(吉岡直矢) ●外部リンク:アールズギア

美しいフィニッシュと性能と音にこだわった逸品

アールズギアから発売された人気のGB350用マフラー「ワイバンクラシックスリップオン」は、クラシック系の定番ともいえるキャブトンスタイルだが、わざわざテーパー状に加工したパイプを用いて溶接跡も磨き処理で消すなど、ディテールの凝りようが半端ない。STDの2重管に合わせたポリッシュタイプと、艶消しのSに似合うブラックをラインナップし、STDとSのマウント位置の違いはアルミ削り出しブラケットの形状で処理している。

アールズ・ギア|マフラー|ワイバンクラシック スリップオン

【アールズギア ワイバンクラシック スリップオン】試乗車にはポリッシュタイプを装着。キャブトンタイプのサイレンサーはよく見ると先端に向かって細くなっていく形状だ。これはテーパー状に加工したパイプと前後ピースを溶接した後に磨いて平滑な面に仕上げているのだという。 ●素材:ステンレス ●色&価格:ブラック=7万3700円 ポリッシュ=6万9300円 [写真タップで拡大]

精度の高い加工と美しい溶接、そして車両のシルエットに収まるたたずまい。アールズギアらしいクオリティは健在だ。ヒートガードひとつ取っても、純正と違和感なく重なっている。

音量は純正と大きく変わらず、音質は純正の破裂音成分をなくしたような柔らかく太いサウンドを実現。スリップオンながら大幅にトルクアップしているのが最大の特徴だ。もちろん認証マフラーなので安心して装着できる。

アールズギアらしく、誰にでもオススメできる高品質な仕上がりだ。

アールズ・ギア|マフラー|ワイバンクラシック スリップオン

【スリムさを強調する後ろ姿】テーパー形状もあって真後ろからのスタイルも流麗。サウンドはわずかにバタバタ音を残し、クラシカルなシングルらしさを訴えかけるもの。 [写真タップで拡大]

アールズ・ギア|マフラー|ワイバンクラシック スリップオン|サイレンサー

サイレンサー本体はGB350/S用とも共通で、美しいアルミ削り出しブラケットの形状違いで対応する。 [写真タップで拡大]

アールズ・ギア|マフラー|ワイバンクラシック スリップオン|接合部

スリップオン接合部はヒートガードで隠され、純正エキゾーストパイプとの繋がりも自然。センタースタンドも装着OKだ。 [写真タップで拡大]

試用インプレッション:単気筒らしさを加速する

クラッチをラフ気味に繋いでもスルスル走り出すトルクはさすがアールズギア…と思いきや、それは序章にすぎなかった。日常域におけるスロットルレスポンスが感動的なまでに忠実なのだ。純正はアイドリングから少し上の領域にやや反応のムラがあるが、これを完璧に解消。戻した際の回転落ちも穏やかで、とにかくギヤチェンジしやすい。アールズギアの樋渡治代表によれば、きちんとトルクを出すと戻し側の特性も良くなるという。ロングストローク単気筒の”あってほしい姿”がこのマフラーで完成したとも言えるだろう。

アールズ・ギア ワイバンクラシック スリップオン GB350

[写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

最新の記事

ホーム【ドレミコレクション×Z900RS】往年のZを見事に再現! 若年層にもこのスタイルがウケる!!
WEBヤングマシン|新車バイクニュース