その装い、あまりに異質! 丸山浩のイタルジェット ドラッグスター試乗インプレッション【ADV150と比較試乗】

ITALJET DRAGSTER 200 First Edition|HONDA ADV150

イタルジェットのドラッグスターシリーズが現代に復活! ’95年の発売当時から独自メカニズムを搭載してきた同シリーズだが、やはり目を引くのはビックリドッキリメカの、インテリジェントステアリングシステム(I.S.S.)。本記事では、ヤングマシンメインテスターの丸山浩が、このI.S.S.の乗り心地を確かめる。

●まとめ:ヤングマシン編集部(谷田貝洋暁) ●撮影:長谷川徹 ●取材協力:金城IVY Racing ●外部リンク:MVアグスタ

丸山浩

【テスター:丸山浩】ご存知、本誌メインテスター。90年代からハブステアリングの車両のテスト試乗を重ねており、ハブセンターステアリングの一種であるI.S.S.の試乗には適任である。 [写真タップで拡大]

目立つにはコレに乗れ! イタリア発のアーバンスポーツ

その姿はあまりにも異質。このイタルジェットのドラッグスターを表現するとき、言葉を選ばなくてよいなら、もっともしっくりくるのは”異形”という単語だろう。エッジの効いたフロントマスクはもとより、車体を見れば、これでもかと配された鋼管スチールパイプ。このバイクがトレリスフレームの本場、イタリアを出生とすることを強く感じさせるスタイリングだ。

イタルジェットは’59年、イタリアのボローニャで生まれたバイクメーカーだ。創設者は、ドゥカティのワークスレーサーまで上り詰めたレオポルド・タルタリーニ。’59年の創業以来、150台以上のマシンをリリースしてきたイタルジェットの特徴は、なんといってもイタリアンデザインを地で行く、機能的かつ人目を引く意匠だろう。そのデザイン性は世界的にも認められており、折り畳み式のレジャーバイク「パック2(’82)」は、ニューヨーク近代美術館(MoMA)に永久コレクションされているほどだ。

ドラッグスター200は現在のイタルジェット唯一のモデルで、’95年までその歴史を遡ることができる。前作も鋼管トレリスフレームを採用し、フロントのサスペンション&ステアリングシステムに「インディペンデントステアリングシステム(以下I.S.S.)」を搭載。世界で7万台以上が販売される人気モデルだった。

さて、今回紹介する新型ドラッグスター200が世の中に姿を表したのは、’18年のミラノショーでのこと。初代よりも過激さを増したプロトタイプのデザインは世間を再び魅了。翌年には生産試作車が完成し、’20年の発売を予定するも、コロナ禍により’21年末になってようやくデリバリーがスタート。…したはいいのだが、全世界限定499台のファーストエディションはすでに完売。今回の試乗車両もファーストエディションだが、金城IVYレーシングから納車前のオーナー車両をお借りすることで試乗が実現した次第だ。

イタルジェット ドラッグスター200 ファーストエディション

【ITALJET DRAGSTER 200 First Edition】●色:黒×マグネシウム ●価格:75万9000円 [写真タップで拡大]

イタルジェット ドラッグスター200 ファーストエディション|インディペンデントステアリングシステム

ハブステアリングの一種であるインディペンデントステアリングシステム(I.S.S.)。ステアリングとサスペンションの動きを切り離す機構だ。 [写真タップで拡大]

イタルジェット ドラッグスター200 ファーストエディション|サスペンション

操舵とサスペンションの機構を切り離すことで、サスペンションとしての動きが非常に良くなり、路面追従性を上げられるのが、ハブステアリング系機構のメリット。 [写真タップで拡大]

イタルジェット ドラッグスター200 ファーストエディション

今回のモデルは、世界499台限定のファーストエディション。無理を言って金城IVY Racingさんのオーナー車両にナンバーを取得、試乗させてもらった。 [写真タップで拡大]

丸山浩インプレ:I.S.S.採用の意味、その乗り味は果たして!?

やはり気になるのは、フロント足回りで異彩を放つI.S.S.。ハブステアの一種であり、ステアリングアクションと衝撃吸収アクションを分離することで、それぞれの動きをスムーズに行えるというのが、構造上の最大のメリット。またテレスコピックに比べて、サスペンションを柔らかくできるため乗り心地も良くなる。

これまでもハブステアリングのモデルに色々乗ってきたが、そもそもの構造としてサスの動きは絶対的に良くなるので、当然乗り心地はいいだろう。ただ、気になるのは、コーナリング時とブレーキング時の挙動をどのようなフィーリングに仕上げてきているのか? というところだ。

今回の試乗コースは、首都高速道路を経て湾岸地域へ。アーバンスポーツモデルらしいコースを設定してみた。I.S.S.を体感しての第一の感想は、やはりピッチングモーションを打ち消すことで、キャスターアングルやトレール量の変化が少なく、走行状況によって走行フィーリングが左右されないというところだ。今回はフロントホイール14インチのADV150と比較してみたが、ドラッグスター200はフロント12インチとかなり小径。それにも関わらず、低速から高速域までしっかり安定性が出ているのは、紛れもなくこのI.S.S.の恩恵だ。

フィーリングとしては17インチのロードスポーツモデル、それもスーパースポーツモデルでコーナリングしているフィーリングに近い。今回はワインディングでの試乗はしていないが、実際に走ってみたらかなりいい走りをしてくれそうな手応えを得ることができた。

イタルジェット ドラッグスター200 ファーストエディション|ライディング

[写真タップで拡大]

ただ注意したいのは、I.S.S.の機構でいくらコーナリングに安定感があって、接地感も掴みやすいとはいえ、履いているのは12インチホイールであることを常に忘れないことだ。いくら扁平率を60%に設定して接地面積を稼いでいるとはいえ、タイヤのグリップ性能限界を超えてしまえば、安易に足を掬われることになる。

とはいえ、一般的なスクーターとは一線を画すスポーツ性を持っていることは明白。コンセプト的にはアーバンスポーツとのことだが、このドラッグスター200の性能を街中だけに留めておくのはもったいない。手に入れたのなら、ぜひワインディングでその運動性能を体感してほしいところだ。

イタルジェット ドラッグスター200 ファーストエディション|ライディング

コーナリングに違和感があるのでは? …と思うかもしれないが、そのフィーリングは至って普通。むしろ軽快感すらあるくらいだ。 [写真タップで拡大]

セカンドオピニオン・谷田貝によるインプレッション

僕自身、ハブステアリングのマシンに乗るのは今回が初。ということでどんな機構なんだろ? 違和感はあるのか? などなど興味津々だったわけだが、走ってみれば意外に普通。雰囲気はBMWのテレレバーに近く、加減速時のピッチングモーションを極力減らすような雰囲気だ。驚いたのは、ブレーキやハンドルに操作入力をしても接地感が変わらないこと、ブレーキングしてもアクセルオンしても、フロントタイヤから伝わってくる接地感が変わらないのだ。最初は違和感を覚えたが、慣れてI.S.S.が信用できるようになると、結構な車速で曲がることができた。

イタルジェット ドラッグスター200 ファーストエディション|谷田貝

低速から中速まで速度を上げてもステアリングが重くなりにくいのが気に入った。ただし、高速道路で車速が100km/h近くなるとグッとステリングが重くなる印象だ。 [写真タップで拡大]

ADV150との比較試乗:I.S.S.機構による安定性を強く感じる

また今回は、尖りすぎたドラッグスター200のキャラクターを明確化するために、比較車両としてADV150も用意。排気量は32ccほどドラッグスター200の方が大きいため直接的な比較はできないが、参考までにそれを踏まえた上で動力性能の差を記しておこう。

発進加速では一瞬、ADV150が前に出る。しかし数秒後にはドラッグスター200が前に出て、そのままじわじわと離れていく。巡航状態からの再加速でも、伸びのいいドラッグスター200がじわりじわりと前へ出て、ADV150を引き離していく。排気量差がそのまま現れる結果となった。コーナリングにおける比較では特にI.S.S.機構による安定性を強く感じた。ADV150では不安に感じるような速度感でも、ドラッグスター200にはまだ余裕があった。

イタルジェット ドラッグスター200 ファーストエディション/ホンダ ADV150

[写真タップで拡大]

イタルジェット ドラッグスター200 ファーストエディション|ホンダ ADV150|諸元表

[写真タップで拡大]

金城IVY Racing

【協力ショップ:金城IVY Racing】MVアグスタやアプリリア、モトグッツィなどイタリアのバイクを中心に取り扱うほか、レオンアート/ベスパ/SWM/イタルジェット/イタルモトなども揃える。’90~’00年代には、サックストラックサスペンションを搭載した革新的なモーターサイクル「SAXON」の輸入元(現在は新車の生産をしていない)としても知られていた。 ●住所:埼玉県三郷市戸ヶ崎2100-3 ●TEL:048-956-2780 ●URL:https://kinjoh-ivy.tsnt.net/ [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

イタルジェット Dragster200の価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

イタルジェット Dragster200

イタルジェット Dragster200

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 3価格種別 中古車 0

本体

75.9万円

価格帯 75.9万円

本体価格

本体

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

11.97万円

価格帯 11.25~12.69万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

87.87万円

価格帯 87.15~88.59万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

ホンダ ADV150の価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ホンダ ADV150

ホンダ ADV150

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 85価格種別 中古車 37

本体

44.05万円

価格帯 36.8~53.4万円

本体価格

本体

44.46万円

価格帯 35~57.8万円

諸費用

4.46万円

価格帯 5.96~6.2万円

諸費用

諸費用

2.37万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

48.52万円

価格帯 43~59.36万円

乗り出し価格

乗り出し価格

46.83万円

価格帯 38.51~55.36万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す
WEBヤングマシン|新車バイクニュース