伸び側減衰力も調整可能!

デイトナからGB350/S用のローダウンキットが登場! ショートスタンド付き/スロットルケーブルも発売

デイトナは、人気のホンダGB350/S用のカスタムパーツを発表した。ひとつはローダウンキットで、伸び側減衰力調整機構付きのリヤショックとショートサイドスタンドがセットになったもの。もうひとつは、セパレートハンドルを装着した際に取り回しやすいショートスロットルケーブルセットだ。

●外部リンク:デイトナ

GB350/S用『ローダウンキット』

純正リヤショック以上の乗り心地を提供しながら、車高をローダウンすることが可能なキット。純正ショック長368mmに対し、338~353mmの幅で調整が可能。リヤ車高をノーマルから15~30mmの幅で下げつつ、無段階調整可能なプリロードと20段階の減衰力調整により、コーナリング性能やギャップ走破性を追求することもできる。ボディはシルバーで、スプリングはブラックだ。

付属するショートサイドスタンドは、GB350比で約20mm、GB350S比で約15mmショートな設定(GB350SはGB350より約5mm短いスタンドを採用)。これにより、車高が下がってもスタンド使用時に適正な傾きを得ることができる。純正センタースタンドとの併用(※)も可能。

※純正に比べ、センタースタンドを掛けるとき重くなります

デイトナ|GB350/S|ローダウンキット
デイトナ|GB350/S|ローダウンキット

GB350/S用『ローダウンキット』■GB350/S(’21~’22)用 ●価格:6万7100円 ●発売時期:2022年7月中旬 [写真タップで拡大]

GB350/S用『ショートスロットルケーブルセット』

セパレートハンドルを装着した際に、長さが余ってしまいがちなスロットルケーブルの問題を解決してくれる、ジャストサイズのスロットルケーブル。低い設定のバーハンドルを装着した時にも使用できるという。ケーブル全長は、GB350純正比:約-60mm、GB350S純正比:約-35mmだ。

デイトナはセパハンセットも開発中で、2022年内の発売を予定している。このショートスロットルケーブルもセットに含まれる予定。

デイトナ|GB350/S|ショートスロットルケーブルセット
デイトナ|GB350/S|ショートスロットルケーブルセット

GB350/S用『ショートスロットルケーブルセット』■GB350/S(’21~’22)用 ●価格:5500円 ●発売時期:2022年6月中旬 [写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース