佐藤“ことぶき”寿宏のレース通信

雨の中、2分17秒台ってハンパない! YOSHIMURA SUZUKI RIDEWINがJSB1000を盛り上げる!!

水しぶきを上げながらトップを快走する#15渡辺一樹。#1中須賀克行も序盤はついていくのが精一杯だったようだ。全日本ロードレース選手権第2戦、鈴鹿2&4では、雨の中で驚きのハイレベルな攻防が展開された。

●文/写真:佐藤寿宏

加賀山監督のもと、渡辺一樹が奮闘を見せる

ゴールデンウイークも終わり、冷たい雨が降っていますが皆さん、いかがお過ごしでしょうか? おかげさまで、お仕事三昧の日々でして“GW(ガンバリ・ウイーク”)となっておりました。家族サービスといったら、くら寿司にいったくらいで。娘よ許せ……。

またも遅くなってしまいましたが、全日本ロードレース選手権第2戦鈴鹿2&4レースの話題を。

結果こそヤマハファクトリーの中須賀克行がダブルウインを達成し開幕戦と同じでしたが、レース内容は違うものになりました。特にウエットコンディションとなったレース2は、YOSHIMURA SUZUKI RIDEWINの渡辺一樹がレース中盤までは主導権を握っていました。“たられば”になってしまいますが、セーフティカーが入らなければ、結果は違ったかもしれません。

それでもラスト2周の攻防は、ハイレベルで見応えのあるものでした。まだまだ中須賀の方が、1枚も2枚もうわてをいっていましたが、そこまで渡辺が迫ることができたレースだったといえるでしょう。

佐藤“ことぶき”寿宏のレース通信

スズキGSX-R1000Rを知り尽くしているメンバーだからこそ、絶対王者・中須賀に迫るレースができている。 [写真タップで拡大]

渡辺の今回のウエットでの快走は、開幕戦レース2からの反省が生きています。開幕戦の時点では、ウエットをほとんど走っていなかったため、セットが出ていませんでした。特に電子制御が厳しい状態だったためペースを上げることができませんでした。また、EWC世界耐久選手権を主に置くヨシムラは、基本的にドライのセットでウエットも走るため、ウエット専用のセッティングをしてこなかったため、データもありませんでした。今回は、初日がウエットになったこともあり、加賀山就臣チームマネージャーを中心にセットを進めることができていたからこその快走でした。YOSHIMURA SUZUKI RIDEWINという新体制が、うまく機能している結果だと言えるでしょう。

最終ラップに2人ともウエットコンディションで2分17秒台って、普通の人ならドライでも出せないタイム。このハンパない速さでのバトルを見逃した方は、モトバトル(YouTube)にアーカイブがあるので、ぜひ、ご覧いただきたいですね。

次戦のオートポリス2&4は事前テストがなく、金曜日からの走行となりますが、渡辺が中須賀にどこまで迫れるか注目したいところです。

鈴鹿には、3月のテストで負傷した清成龍一がTOHO Racingのピットに顔を出していました。まだ復帰までは、しばらくかかるそうで、次戦オートポリス2&4も國峰啄磨が代役を務めるそうです。同じく欠場が続いていた名越哲平は、オートポリス2&4で復帰できそうです。

佐藤“ことぶき”寿宏のレース通信

鈴鹿の時点で、ようやく普通に歩けるようになったと語っていた清成龍一。早く回復して、また豪快な走りを見せて欲しいところだ。 [写真タップで拡大]

今回もスーパーフォーミュラと併催となるので、2輪も4輪も観戦できます。5月21日(土)・22日(日)は、ぜひオートポリスにおでかけください。

その前に、第4戦SUGO(6月4日・5日)の事前公開テストがあるので、東北道を北上して行って参りマース。

佐藤“ことぶき”寿宏のレース通信

一足早く復帰できそうな名越哲平。中須賀と渡辺のバトルに加わってくれると、さらに盛り上がる。 [写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ホームカワサキが北米で「KLX300/SM」「ニンジャZX-6R」の2023年モデルを発表! カラー変更&価格改定
WEBヤングマシン|新車バイクニュース