10〜14歳のヤングライダーによる熱戦|PIRELLI FAN SITE

MiniGP日本初開催!【未来のMotoGPライダーがこのレースから誕生する日も遠くない!】

4月16日、FIM MiniGPジャパンシリーズの開幕戦が茨城県の筑波サーキット ・コース1000で行われた。日本では初開催となったMiniGP(正式名称:FIM MiniGP World Series)は、世界統一規格のミニバイクによるチャンピオンシップ。エントリー可能な年齢は10〜14歳までとされており、使用するミニバイクはOhvale(オバーレ)の「Ohvale GP-0 160」、タイヤはPirelli(ピレリ)、潤滑油はMotul(モチュール)と規定されている。ワンメイクマシン、ワンメイクタイヤで繰り広げられる世界への夢を見据えたレースの初戦を紹介しよう。

●文:伊藤英里 ●写真:ピレリ、FIM MiniGP Japan Official、伊藤英里 ●外部リンク:ピレリ

ウエットとドライでの走行となったMiniGPジャパンシリーズ開幕戦で、松山遥希選手(12歳)がダブルウインを達成

2021年から始まったFIM MiniGPワールドシリーズは、世界中で統一基準の下、開催されるレースシリーズ。10歳から14歳のライダーによって争われ、日本では今年、2022年が初開催となる。MiniGPジャパンのトップライダーはMotoGP最終戦バレンシアGPに併催されるMiniGPワールドシリーズ・ファイナルに招待され、さらにアジア・タレントカップへの選考会への参加やエントリーの機会が提供されるなど、MotoGPへの道を踏み出すことになる、まさに登竜門といえるレースだ。

このMiniGPワールドシリーズは、ピレリがワンメイク・タイヤサプライヤーとなっており、バイクもすべてのライダーがイタリアのOHVALE(オバーレ)社製ミニバイク『GP-0 160』を使用する。

ついに日本で始まったMiniGPジャパンの開幕戦当日は朝から雨が降り、走行が始まる9時ごろには雨はほぼ上がったものの、気温は低く、路面もフルウエットという状況。ライダーたちは全員がDIABLO RAIN(ディアブロ・レイン)を履いて走行を開始した。

その後、天候が回復するとともに路面も乾いていき、3回目のフリー走行では全16台がスリックタイヤのDIABLO SUPERBIKE(ディアブロ・スーパーバイク)を装着。フリー走行3と予選1、予選2、決勝レース1、決勝レース2はすべてスリックタイヤでの走行となった。

【動画】大人顔負けの走りをドローンが捉えたYouTubeは必見!


※本記事は”ミリオーレ”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ホーム3気筒エンジンを16基連結!? カワサキの名車KH250を魔改造した48気筒バイク「ティンカートイ」がヤバすぎる
WEBヤングマシン|新車バイクニュース