第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

発売日が決定次第、改めて発表

生産遅延のため発売延期……本日発売予定だったスズキ「GSX-S125」「GSX-R125」


●外部リンク:スズキ

スズキは、4月27日発売予定だった「GSX-S125 ABS」及び、5月11日発売予定の「GSX-R125 ABS」について、生産の遅れにより当面延期すると発表。発売日が決定したら、改めて案内するとした。

これら2車は、マイナーチェンジにより平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合し、最高出力&最大トルクの数値は新排出ガス規制適合でも変わらないが、それぞれ発生回転数は500rpm上昇した。また、車重はGSX-S125が2kg増の135kg、GSX-R125は3kg増の137kgとなり、価格はそれぞれ3万7400円上昇してGSX-R125=45万3200円、GSX-S125=42万200円と発表されている。

マニュアルトランスミッション=MTを採用する貴重なフルサイズスポーツ原付二種だけに、早く世界情勢が落ち着いて生産体制が整う事を願いたい。

GSX-S125 ABS[2022 model]

主要諸元■全長2000 全幅745 全高1035 軸距1300 シート高785(各mm) 車重135kg(装備)■水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ 124cc 15ps/10500rpm 1.1kg-m/8500rpm 変速機6段 燃料タンク容量11L■タイヤサイズF=90/80-17 R=130/70-17 ●色:青×黒、黒 ●発売日:未定

GSX-S125 ABS[2022 model]

GSX-S125 ABS[2022 model]トリトンブルーメタリック×タイタンブラック(BGY) [写真タップで拡大]

GSX-S125 ABS[2022 model]

GSX-S125 ABS[2022 model]タイタンブラック(YVU) [写真タップで拡大]

GSX-S125 ABS[2022 model]

GSX-S125 ABS[2022 model]トリトンブルーメタリック×タイタンブラック(BGY) [写真タップで拡大]

GSX-S125 ABS[2022 model]

GSX-S125 ABS[2022 model]タイタンブラック(YVU) [写真タップで拡大]

GSX-R125 ABS[2022 model]

主要諸元■全長2000 全幅700 全高1070 軸距1300 シート高785(各mm) 車重137kg(装備)■水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ 124cc 15ps/10500rpm 1.1kg-m/8500rpm 変速機6段 燃料タンク容量11L■タイヤサイズF=90/80-17 R=130/70-17 ●色:赤×黒、青、黒 ●発売日:未定

GSX-R125 ABS[2022 model]

GSX-R125 ABS[2022 model]ストロンガーレッド×タイタンブラック(GTA) [写真タップで拡大]

GSX-R125 ABS[2022 model]

GSX-R125 ABS[2022 model]ストロンガーレッド×タイタンブラック(GTA) [写真タップで拡大]

GSX-R125 ABS[2022 model]

GSX-R125 ABS[2022 model]トリトンブルーメタリック(YSF) [写真タップで拡大]

GSX-R125 ABS[2022 model]

GSX-R125 ABS[2022 model]トリトンブルーメタリック(YSF) [写真タップで拡大]

GSX-R125 ABS[2022 model]

GSX-R125 ABS[2022 model]タイタンブラック(YVU) [写真タップで拡大]

GSX-R125 ABS[2022 model]

GSX-R125 ABS[2022 model]タイタンブラック(YVU) [写真タップで拡大]


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース