元祖クチバシ系降臨

’20スズキV-ストローム1050/XT:名車DRの正統DNAを受け継いだデザイン

V-STROM1050/XT

2002年にまで遡るスズキのスポーツアドベンチャーツアラー・V-ストローム1000の系譜。現行モデルは2013年に新設計された1037㏄のエンジンにスズキ初のトラクションコントロールを積んで話題となった。そのVストローム1000が、名前も新たに「V-ストローム1050」となって’20年に新登場する。本稿では往年の名車DR750Sを継承したスタイリングを紹介する。

DRビッグデザイナーが本物のDNAを注ぎ込んだ

とにかく目を引くのは、往年のファクトリーラリーレーサー・DR-Z(ディーアール・ジータ)や、ファラオの怪鳥とよばれたDRビッグを彷彿とさせるデザインである。それもそのハズ。実はこの新型のデザイン担当は、DRビッグやDR-Zを手がけた宮田さん本人だったのだ。 

88 スズキ・DR750S  ’20 Vストローム1050はモチーフは元祖 “クチバシ”DR750S

近年、市場からはオフロードデザインの強化を望む声が強く、それに応える形でのデザイン刷新にふみきったとのことであるが、オフテイスト強化にあたってはDRビッグ系のデザインしか思い浮かばなかったという。 

V-STROM1050/XT
取り組んだのはオフロードテイストの強化、つまりDRビッグ化。それが一番よくわかるのが、タンクから着座部にかけての、ボンキュッボンというメリハリがつけられたグラマラスなライン。
V-STROM1050/XT
突き刺すような“クチバシ”のストレートラインこそが、DRビッグのアイデンティティ。特徴的なサイドスリットも新型へと受け継がれている。

思えばこのアドベンチャーマシンで流行りの〝クチバシ〞デザインはスズキが他社に先駆けてスタートしたもの。なんでも宮田さんが、本格ラリーマシンプロジェクトに参加した際にサハラ砂漠に寝転びながら考えたのが、この革新的なクチバシだったとか。

V-STROM1050/XT
右からポジション、ロー、ハイ。ヘッドライトユニットは従来型の縦丸ハロゲンから、角形となり光源もLED化。どうやら新型カタナと共通の筐体ユニットのようで、よく見るとXTが採用するLEDウインカーもカタナと同形状のものが採用されている。
V-STROM1050/XT
前後160mmのサスストローク、最低地上高などは変わらないが、フロントビューはずいぶんとオフロードテイストが増した印象だ。

カラーバリエーションはXTもSTDも3色展開

V-ストローム1050XT

V-STROM1050/XT
チャンピオンイエローNo.2
V-STROM1050/XT
ヘリテイジスペシャル
V-STROM1050/XT
グラススパークルブラック

V-ストローム1050

(上)グラススパークルブラック×パールブリリアントホワイト (下左)グラススパークルブラック (下右)グラススパークルブラック×ソリッドアイアングレー

次稿では、’20 V-ストローム1050/XTのスペックと主要装備について紹介する。

このバイクに関連する記事

関連記事

オフロード専門誌『ゴー・ライド』連載中の「令和の世に放つ 愛と青春のオフロードマシン」より、バイクが熱かった時代にラインナップされた懐かしのオフロードバイクを振り返る。”迷車ソムリエ[…]

関連記事

SHOWA EERAがあらゆる道で瞬時に対応 アフリカツイン ’20モデルで新たに登場する、電子制御サスペンション・SHOWA EERAを搭載したバージョンが「アドベンチャースポーツES」[…]

関連記事

『オフロードマシン ゴー・ライド』副編集長を務める”ガチ”のバイク女子・コイが、林道・グルメ・アウトドアなどのツーリング情報をお届けする。今回は〈房総編〉として千葉県富津市近辺[…]

関連記事

ホンダのアドベンチャーフラッグシップとして’16モデルから復活したアフリカツインは、’18でより本格的なオフロード走行に対応した”アドベンチャースポーツ”[…]

関連記事

【内山 裕太郎】中学時代はマウンテンバイク、高校で二輪免許取得後はトレールマシンで林道ツーリングを楽しんでいた。その後、エンデューロに参戦し、各地のレースで優勝。日本代表としてISDEに5回参戦してい[…]

WEBヤングマシン|最新バイク情報