チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

ライドメンテナンス|RIDE HI

【Q&A】工具やボルトのサイズってどこで測る? 「8mmのボルトを12mmのスパナで回す」の意味がわからない方は必見!

●文/写真: ライドハイ(伊藤康司) ●写真: 井上演

使いたい工具や、欲しいボルト&ナットのサイズの呼び方を知っておこう!

たとえば緩んだボルトを増し締めするなら、自分が持っている工具(スパナやメガネレンチ、ソケットレンチなど)の、おおむね近そうなサイズをいくつか当てがって、ピッタリ合うモノを使えばいい。極端な話、“○ミリのスパナ”というようなサイズがわからなくても問題ないだろう。

ところが、新たに工具を購入する時や、カスタムなどに使うボルトやナットを購入する時は、必要なサイズがわからなければ困る。しかも工具とボルトやナットではサイズの呼び方が異なるので少々厄介だ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

最新の記事

ホーム山田宏の[タイヤで語るバイクとレース]Vol.60「GP生活で唯一の悲しかった君が代……富沢祥也を悼む」
WEBヤングマシン|新車バイクニュース