チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

待ちくたびれたぜイエローボール!! カワサキZ900RS SE試乗インプレッション【STDと乗り比べて実力解明】

カワサキZ900RS SE試乗インプレッション

Z900RSの上級バージョンにして、カワサキのヘリテイジカテゴリー「Z-RS」シリーズの頂点モデルでもある「Z900RS SE」がついに発売。予約殺到で入手困難とされるこのSEに試乗した。前編のディテール紹介に続き、本記事ではヤングマシンのメインテスター・丸山浩氏による公道インプレッションをお届けする。

●まとめ:ヤングマシン編集部(宮田健一) ●写真:真弓悟史 ●外部リンク:カワサキ

テスター・丸山浩

【テスター:丸山浩】『ヤングマシン』誌メインテスターを務める、ウィズミープロフェッショナルレーシング会長。Youtubeチャンネルの取材と合わせて、’22年も年明けから全開‼ 様々なバイクで駆け抜けまわっている。 [写真タップで拡大]

カワサキ Z900RS

【’22 KAWASAKI Z900RS SE】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 948cc 111ps/8500rpm 10.0kg-m/6500rpm ■車重215kg シート高810mm 17L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●色:メタリックディアブロブラック ●価格:160万6000円 ●発売日:’22年1月21日 [写真タップで拡大]

同じライディングポジションでもしなやかな上質感

Z900RSの上級バージョンであるSE。本来であれば’21年11月にデリバリーされる予定だったが、新型コロナ禍の影響で延期。それが’22年1月、待ちに待ったライダーの元にようやく届けられることとなった。

このSEはリヤにオーリンズと共同開発した専用サスペンションを装着し、フロントには専用セッティングとした倒立フォークとブレンボのブレーキシステムを採用。車体には欧州向け初代Z1に設定された通称”イエローボール”を彷彿とさせる専用色をまとっている。

実車の前に立つと、なるほどゴールドの前後サスペンションを、これまたゴールドに塗ったホイールで引き立たせた高級感あふれる佇まい。サスペンションを変更したことで空車状態の最低地上高とシート高は10mmアップしているが、これは足まわり変更に伴いサスセッティングを見直した結果で、ライダーが跨った1G状態ではSTDと変わらない高さになるという。

たしかにその通りで、足着き性に関してはSEもSTDも両足指の腹まで接地し、ほとんど違いが感じられない。念のために地面からかかとまでの寸法を測ってみたが、どちらも約50mmと同じだった。シート高の違いは初期作動でよく動くオーリンズの特性を引き出すためだろう。前後に車体を揺らしてみると劇的に変わるほどではないものの、たしかにサスにしなやかさが生まれている。ハンドルバーやシートはSTDと同じなので、Z900RSらしい鷹揚なライディングポジションのまま、もっと高級なバイクに跨った気分だ。

カワサキ Z900RS

【SE:持ち前のスポーツ性に上質さをプラス】しなやかさに動くオーリンズサスペンションが路面を的確にホールドし、乗り心地に上質さをプラス。ブレンボの秀逸なコントロール性が低速から高速までどの速度域でも光る。 [写真タップで拡大]

走りの上質感をどの速度域でも感じ取れる

Z900RSは、その伝統的な姿とは裏腹に、もともと走りの上では軽快で現代的なハンドリング性能を持ち、ネイキッドとしてはすでに高いスポーツ性能に到達していた。あえて指摘するとすればリヤサスの突き上げ感がちょっと強めで、長時間乗っているとお尻が痛くなってきそうな部分だろうか。

しかしそのあたりはスポーツ性ではなく、いわば上質感とか快適性といった類のもの。STDサスペンションでは実現しきれなかったこの乗り味の上質さを、SEでは一番に追求したという印象だ。スポーツ性を追求するならサスを硬めにしていくところだが、SEの前後サスはSTDよりも伸び側の減衰力がやや弱められている。これは動きのいいオーリンズの初期ストローク部分で不快なショックを吸収させるためだろう。空車で10mm高いシート高が乗車すると一緒、ということがそれを示している。

そして、ブレンボとなったブレーキシステムが上質さをさらにプラスする。メッシュホースやマスターシリンダー径の最適化も相まって、コントロール性がとにかく秀逸だ。軽く握った初期タッチから速度の微調整がしやすく、別に攻めずとも街中の普段走りからその素晴らしさが味わえる。

もちろん奥まで握りこめばブレンボだけにストッピングパワーは絶大。フロントサスペンションのバネレートはこの増大したストッピングパワーを受け止めるために高めた印象だ。おかげでサスがブレーキ性能に負けることなく、ハードなブレーキングの安定感もSTDよりワンランク上。SEは、Z900RSを所有する喜びを走りの上でもさらに実感させてくれた。

カワサキ Z900RS

【STD:素の状態でも走りは軽快だ】ストリートファイター系Z900がベースのRSは、STDでもハンドリングは軽快で俊敏な走りの持ち主。足まわりの違いで、上質感や限界戦闘力ではSEにやや及ばない。 [写真タップで拡大]

丸山の結論:念願のZライフをより満足させるSEだ!

[写真タップで拡大]

’17夏のデビューから早いものでもう5年目。伝統的なスタイルと軽快で扱いやすい現代的な走りが融合した令和の”カワサキZワールド”をすっかり確立した感のあるZ900RSだが、今回のSEによってさらにそれが深まることとなった。価格はSTDより22万円アップとなるが、オーリンズとブレンボ、それにイエローボールの専用色が付いてこの価格なら、パーツ代だけでもお買い得と思える内容。それに、ただでさえ入手しにくい状況が続くZ900RS。せっかく念願のZに乗るのだ。さらに乗り味が上質になったSEなら、より豊かなバイクライフを送ることができて価格差以上の満足感を得られるはず。50周年記念車も気になるが、そちらの足まわりはSTDと一緒。どちらも魅力的で選ぶのが悩ましい。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

最新の記事

カワサキ Z900RSの価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

カワサキ Z900RS

カワサキ Z900RS

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 0価格種別 中古車 66

本体

―万円

価格帯 ―万円

本体価格

本体

166.35万円

価格帯 131.78~199.8万円

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

諸費用

8.14万円

価格帯 9.2~28.2万円

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

乗り出し価格

174.5万円

価格帯 159.98~209万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す
ホームJAFが現在のガソリン高騰に対して声明を発表! この機会に、ガソリン価格について真剣に考えてみよう……〈多事走論〉from Nom
WEBヤングマシン|新車バイクニュース