ハーレーM8ソフテイルの走りを激変する高性能サスペンション〈レーシングブロスジャパン〉

ハーレーM8ソフテイルの走りを激変する高性能サスペンション〈レーシングブロスジャパン〉

ハーレー用のサスペンションとしてラインナップを拡充し始めているレーシングブロス。ミルウォーキーエンジンを搭載しているソフテイルモデル用も発売された。走りを激変させる高品質なサスペンションを『ウィズハーレー』編集部が紹介する。

●文:ウィズハーレー編集部(青木タカオ) ●外部リンク:レーシングブロスジャパン

調整範囲が非常に広く、あらゆるセッティングをカバー

ライディング性能を追求するライダー向けに、ショックを構成する素材や製造方法にまでこだわって製作されるリプレイスサスペンションが、日本総代理店・トランプが扱う「レーシングブロス」のフルアジャスタブルサスペンション。調整範囲が非常に広く、ソロやタンデム、さらにストリートからワインディングまで、あらゆるセッティングをカバーすることができる。

RacingBros | リアショック

【RACING BROS REAR SHOCK HLR+REVOLVER】●適合車種:ソフテイル ●タイプ:リザーバータンク+油圧リモート付き ●長さ:320/330mm ●機能:Reb(Wide-range):22 / HSC(High Speed Comp):24 / LSC(Low Speed Comp):24 / Pre-load/油圧式(可動範囲 10mm) / 車高調整機構:±5mm ●価格:11万5500円 [写真タップで拡大]

多くのメーカーが採用するプログレッシブタイプではなく、前後ともあえて等ピッチのスプリングを採用しているのがレーシングブロスの大きな特徴。レーシングマシンではほとんどが等ピッチを採用するように、セッティングが容易なのが利点。ユーザーが愛車に乗りつつ、それぞれが好みのセッティングにしやすいよう配慮したからで、ハードとミディアム、そしてソフトの3種類の硬さで、等ピッチのスプリングを用意している。

万人に向けた最大公約数を考えた場合、プログレッシブの方が良いのかもしれないが、それよりもそれぞれの人がプリロードの変更などでの調整のしやすさを重視した。ユーザーが乗りながら、自分好みに仕上げられるのだ。

RacingBros | リアショック

見るからに上質で、セッティングもしやすいレーシングブロスのフルアジャスタブルサスペンション。あらゆる環境/走行シーンに対応すべくテスト走行を重ね、開発を行なっている。また、高性能なのはもちろん、美しい外観にもこだわった。純正ノーマルショックとは比べものにならないライドフィールを味わってしまえば、もう後戻りはできないだろう。 [写真タップで拡大]

RacingBros | リアショック
RacingBros | リアショック

[写真タップで拡大]

RacingBros | リアショック
RacingBros | リアショック

[写真タップで拡大]

RacingBros | リアショック

油圧リモート付きのリザーバータンクは車体の左側へ配置される。ローライダーSの装着例の通り、ハーレーにもよく似合う。走りにこだわる人にオススメしたい。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

ホームもうすぐ登場? 復活を遂げる「ホーク」はまさかのカフェレーサーか?!〈YM未来予想〉
WEBヤングマシン|新車バイクニュース