オーナーのこだわりが詰まったフォーティーエイトカスタム×2台〈ハーレーカスタムトレンドニュース〉

オーナーのこだわりが詰まったフォーティーエイトカスタム×2台〈ハーレーカスタムトレンドニュース〉

ハーレーダビッドソンにとって、”カスタム”は切っても切れない楽しみのひとつ。ここではハーレー専門誌『ウィズハーレー』が、多くのオーナーの参考となりそうな最新カスタム車両を紹介する。今回は、フォーティーエイトでカスタムライフを満喫するユーザーの愛車を掲載する。

●文/写真:ウィズハーレー編集部

アレンネスのカスタムパーツで統一感を意識〈2020 XL1200Xフォーティーエイト〉

「フォーティーエイトを選んだ理由は、純粋に僕のどストライクで、ひと目惚れだったからですかね」オーナーのぽんさんはそう教えてくれた。このスタイルが何よりも好きなのだ。

カスタムはアレンネスでの統一感が意識されている。エアクリーナーをはじめ、グリップ/前後ステップ/シフターペグ/ダービーカバー/タイマーカバー/オイルフィルター/タンクキャップ…。ラインナップされているひと通りのパーツがココにあるのではないだろうか。

アクスルナットカバー/リアブレーキペダルカバー/インスペクションカバー/シート固定ボルトは残念ながらアレンネス製がなく、ベベルド(Beveled)シリーズ同様の見た目のものが使用された。アレンネスの熱烈ファンが生み出したカスタムの好例だ。

ハーレーダビッドソンXL1200Xフォーティーエイト|カスタム|スタイリング

ロッカーカバーは純正ブラックに変更。チンスポイラーはメーカー不明、タンク2インチリフトアップやナンバーサイドマウントもキジマ製のキットを用いた。イグニッションコイル移設はDKカスタムのキットによるもの。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソンXL1200Xフォーティーエイト|カスタム|スタイリング

オーナーのぽんさんはYouTubeチャンネル『きのこぽんず』で動画配信中。カスタムはアレンネスのパーツにとことんこだわった。高い性能と個性あるデザインのプロダクトで多くのハーレーユーザーを魅了してやまない。とはいえ、アレンネスからのリリースがないものは、他ブランドのものが用いられている。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソンXL1200Xフォーティーエイト|カスタム|ハンドル

ドラッグバーとスリムレバーはキジマ製で、クラッチはMRCライトクラッチで操作性を軽くした。スマホホルダーはクアッドロック(QuadLock)、メーターはゼロデザインワークス(ZERO DESIGN WORKS)、ミラーはジョーカーマシン(Joker Machine)だ。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソンXL1200Xフォーティーエイト|カスタム|フォークカバー

フォークカバーおよびブーツ、フロントフェンダーはカルトワーク(CULT WERK)で揃え、ブラックのみのフロントエンドを形成している。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソンXL1200Xフォーティーエイト|カスタム|ヘッドライト

ヘッドライトはメーカー不明のイカリングLED+MCSトリムリングでスタイリッシュに。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソンXL1200Xフォーティーエイト|カスタム|フロントウインカー
ハーレーダビッドソンXL1200Xフォーティーエイト|カスタム|リアウインカー

前後ウインカーはケラーマン。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソンXL1200Xフォーティーエイト|カスタム|タンク

タンクにはカッティングシートを貼り付けた。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソンXL1200Xフォーティーエイト|カスタム|エアクリーナー

エアクリーナーはアレンネスのモンスターサッカーディープカット。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソンXL1200Xフォーティーエイト|カスタム|マフラー

マフラーはバンス&ハインズ(Vance&Hines)のショートショットスタッガード。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソンXL1200Xフォーティーエイト|カスタム|ホイール
ハーレーダビッドソンXL1200Xフォーティーエイト|カスタム|スイングアーム

標準装着のタイヤ=ミシュラン スコーチャー31にホワイトレターでH-Dロゴを際立たせたほか、スイングアームに「Be Free」ステッカーなど、ぽんさんはカスタムを満喫している。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソンXL1200Xフォーティーエイト|カスタム|シート

シートはイージーライダース(EASYRIDERS)。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソンXL1200Xフォーティーエイト|カスタム|ガソリン携行缶

7.9Lと容量が少ないフォーティーエイト、ツーリング時は予備燃料を持っておきたい。携行缶とホルダーはデグナーをチョイス。 [写真タップで拡大]

スポーツスターらしく走りを意識!〈2014 XL1200Xフォーティーエイト〉

H-Dロゴを消して、オリジナルペイント。オーナーのNさんは、自分の家紋をエンブレムとしてフューエルタンクに描いた。

ロー&ロングが強調されるよう、ビキニカウルは高さを感じさせないフルゲイン製をチョイス。ドラッグバーはライザーなしで装着し、車体がより低く見えるよう配慮している。

フォワードコントロールはライディングポジションが厳しいと、ミッドコントロールにチェンジ。シートはホールド性に優れるラペラにし、カフェレーサースタイルを取り入れた。カウル同様にホワイトストライプが施され、見るからに軽快だ。

そんなスポーティーな車体の中で存在感が強いのが、トランプの2in1チタンマフラー。タンクとエキゾーストパイプのブルーがマッチし、思わず見惚れてしまう。

そんなNさんはバイク歴こそ長いものの、フォーティーエイトに乗り換えるまではさほどツーリングには行かなかったという。お兄様に1200Xフォーティーエイトの存在を教えてもらうとひと目惚れし、すぐに限定解除。月2回程度の週末日帰りツーリングと、平日夜の都内ツーリングだけで年間1万キロ以上を走っている。まさに相棒だ。

ハーレーダビッドソンXL1200Xフォーティーエイト|カスタム|スタイリング

[写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソンXL1200Xフォーティーエイト|カスタム|スタイリング

人と同じにならないデザインのダービーカバーを探していたところ、インターネットで見つけて即買いしたのがサンダーバイクのオープンマインドブラックスポーツスター。オーナーのNさんは星マークが好きなので、コンバースのワンスターを履いて乗りたいと笑う。ブラックエンジンの中で、スターのバイカラーデザインが目を引く。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソンXL1200Xフォーティーエイト|カスタム|フルチタン製2in1マフラー

カフェレーサースタイルを決定づけているのが、トランプの2in1マフラー。フルチタン製で耐腐食性(耐錆)に優れ、大幅な軽量化に貢献する。サウンドも迫力があって欠点は見当たらない。オーナーのNさんは、カスタム全体の中でもっともお気に入りのパーツだと教えてくれた。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソンXL1200Xフォーティーエイト|カスタム|ステップ
ハーレーダビッドソンXL1200Xフォーティーエイト|カスタム|ステップ

ステップをキジマのキットでミッドコントロールにしていることもあり、シルエット全体からはスポーティなカフェレーサースタイルを感じてならない。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソンXL1200Xフォーティーエイト|カスタム|エアクリーナー
ハーレーダビッドソンXL1200Xフォーティーエイト|カスタム|グリップ

エアクリーナーはアレンネスインバーテッドディープカットで、グリップも同時に揃えた。交換時はノーマルグリップと比べてひと回り太く、握りにくいと感じたが、すぐに慣れてしまった。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソンXL1200Xフォーティーエイト|カスタム|タンクキャップ

タンクキャップはブラックを邪魔したくない気持ちからRSDのビレットアルミニウム製をチョイス。外周部に6つの大きな溝が彫り込まれ、手で回しやすいデザインのビンテージは、センターに大きくRSDロゴがエッチングされている。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソンXL1200Xフォーティーエイト|カスタム|ビキニカウル
ハーレーダビッドソンXL1200Xフォーティーエイト|カスタム|カフェシート

フルゲインのビキニカウルとダイアモンドスティッチのラペラ(Le Pera)スタブカフェシートには遊び心でストライプを入れたが、良いアクセントになった。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース