第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ライドナレッジ|RIDE HI

【Q&A】ブレーキ&クラッチレバーは“犬の足”のカタチだった


●文/写真: ライドハイ(伊藤康司) ●写真: 長谷川 徹

昔のレバーは真っ直ぐだったが……

バイクのブレーキレバーやクラッチレバー、昔はシュッと真っ直ぐな形状だった。それが現在主流の、途中で折れ曲がった“ドッグレッグレバー”になったのは、おおむね1980年代初頭からだ。

油圧ディスク化、そしてモトクロスから広まった形状

市販バイクで初めて油圧式ディスクブレーキを装備したのが1969年に登場したホンダのCB750Fourで、それまではすべてワイヤーを引いて作動するドラムブレーキだった。

じつは構造上の違いから、油圧ディスクのブレーキレバーのピボット位置は、ドラムブレーキよりもハンドルバーから離れた場所に配置される。すると真っ直ぐなレバー形状だと、ハンドルバーから遠くなって指が届きにくくなる(手が小さいと厳しい)。

そこでレバーを引きやすいように途中で曲げてハンドルバーに近づけたのが“理由その1”だ。


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース