絶版車にもカスタム車にもジャストフィット! ポッシュフェイスの気が利くドレスアップパーツ×5選

ポッシュフェイスのドレスアップパーツ×5選

カスタマイズやドレスアップなど自分好みにスタイルやポジションを変更できるのは、バイクを楽しむ上で重要な要素。バイク用品店やネットショップでは個性をアピールするためのカスタムパーツが数多く並んでいるが、そんな中でもひときわ目を引くポッシュフェイス製アイテムを5点紹介する。

●文/写真:モトメカニック編集部(栗田晃) ●外部リンク:ポッシュフェイス

日本国内でのモノ作りに長けているポッシュフェイス

ウインカー/テールランプ/ハンドル/マフラーなど、ポッシュフェイスのラインナップするパーツのジャンルは豊富で、原付からスクーター、ビッグバイクまでカテゴリーも幅広い。しかもハンドルバー/バーエンド/グリップラバー/アルミ削り出しパーツの多くは日本国内で製造されている点も見逃せないポイントである。

バイクメーカーの純正パーツでも海外生産部品が当たり前となっている中、1980年代からカスタムパーツを作り続けてきたポッシュフェイスは、日本国内でのモノ作りに長けている。自社で設計し社内の工作機械で製造することでオリジナリティを実現でき、それが多くのユーザーに認められる結果につながっているのだ。

ここで紹介する新製品や人気の定番パーツは、いずれも個性とクオリティの高さを両立したものばかり。愛車をワンランクアップしたいなら選択肢として検討されることをオススメしたい。

Z2タイプクラシカルグリップ

ヒダ付きのグリップはカワサキZ2をモチーフとしたデザインを採用。グリップ用に吟味された塩化ビニール素材を用いることで、表面のベタ付きやゴム臭さを防止。エンド部分が非貫通なのも旧車や絶版車向き。

ポッシュフェイス Z2タイプクラシカルグリップ

【ポッシュフェイス Z2タイプクラシカルグリップ】●色:ブラック アメゴム ホワイト●希望小売価格:2200円 [写真タップで拡大]

ポッシュフェイス Z2タイプクラシカルグリップ
[写真タップで拡大]

メーカーロゴをツバの内側に入れることで、レストアで使用しても違和感が出ない配慮がありがたい。グリップ全長は130mm。

グリップ接着剤

グリップ素材を考慮した上で最適化された接着剤は日本のセメダイン製。透明タイプなので透明グリップやラメグリップなど内側が透けて見える素材にも安心して使える。

ポッシュフェイス グリップ接着剤

【ポッシュフェイス グリップ接着剤】●希望小売価格:418円 [写真タップで拡大]

W800[’11~’20]用ツーリングバー

純正ハンドルバーに対して約1本分のアップ&バックのポジションとなるW800用ツーリングバーに2タイプが追加。純正スイッチボックス対応の穴開け加工済みの完全ボルトオン設計で、車検時の記載事項変更も不要。

ポッシュフェイス W800用ツーリングバー
ポッシュフェイス W800用ツーリングバー

【ポッシュフェイス W800[2011~2020]用ツーリングバー】●希望小売価格:[スチール/メッキ仕上げ]4180円
[スチール/ブラックメッキ仕上げ]5280円 [写真タップで拡大]

ビレットライセンスホルダーセット

アルミ削り出しの本体とステンレスキャップビスの組み合わせで、ナンバープレートにアクセントを添えるパーツ。車体色に合わせて選べる12色のアルマイト仕様と、重厚感のあるクロームメッキ仕様をラインナップ。

ポッシュフェイス ビレットライセンスホルダー
ポッシュフェイス ビレットライセンスホルダー

【ポッシュフェイス ビレットライセンスホルダーセット】●希望小売価格:[アルマイト色]1210円 [メッキ]1320円 [写真タップで拡大]

HEX2エアーバルブキャップ

足元のオシャレに効果的なアルミ製エアーバルブキャップも、自社工場で製造したこだわりの一品。内側にはシールゴムも内蔵。緑系3色/赤系2色と設定が細かく、ボディカラーに応じたこだわりのチョイスが可能だ。

ポッシュフェイス エアーバルブキャップ
ポッシュフェイス エアーバルブキャップ

【ポッシュフェイス HEX2エアーバルブキャップ】●希望小売価格:[アルマイト色]990円 [メッキ]1100円 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

※この記事はバイクいじりの専門誌『モトメカニック』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓

マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報