夢のマイガレージ所有、”はじめの一歩”はコレ! 決して夢ではないデイトナ「モーターサイクルハウス」

バイクの盗難やイタズラ目的の対象にならないためにも、様々な抑止策が必要不可欠。その中でもっとも安心できるのは「ガレージ保管」なのだが、実際にガレージを所有するのは敷居が高い…。そんなあなたの”はじめの一歩”にピッタリな、デイトナの「モーターサイクルハウス」を紹介する。

●文/写真:モトメカニック編集部(たぐちかつみ) ●外部リンク:デイトナ

安心環境が欲しいガレージ入門者に

相変わらず悲しいニュースが報じられ続けている、バイクの盗難問題。イタズラ目的の対象にならないためにも、様々な抑止策が必要不可欠だろう。そんな現実の中、もっとも安心できるのが”ガレージ保管”だと語るバイクユーザーは多い。

様々なタイプのモーターサイクルガレージを提案&商品化している、バイク用品メーカーのデイトナでは、安心環境が欲しいガレージ入門者向けの商品として「モーターサイクルハウス」を発売した。

デイトナ|モーターサイクルハウス

【デイトナ モーターサイクルハウス】●価格:5万5000円(幅1700mm/車体2台分) 4万4000円(幅1300mm/車体1台分) [写真タップで拡大]

奥行き2600×天井高さ2200mmの寸法は、バイクだけではなく、バイクを出し入れする際のライダースペースを十分に確保。1台用か2台用かをチョイスできる2タイプの商品を展開している。1台仕様の横幅は1300ミリで、2台仕様は1700ミリ。いずれも間口の高さは1700ミリを確保。必要充実の広さや使い勝手の良さは、そんな寸法データからも想像できるものだろう。

サイクルハウスのフレームはスチール製で、コンクリートアンカーはもちろん、土や砂利路面にも対応できる専用ペグが付属。入り口シートは巻き上げ保持だけではなく、別途ポールを用意すればタープとしても利用することができる。

バイク置き場は確保できたけど、使い勝手を何とか良くしたいと考えるユーザーにとってもおすすめできるだろう。

市販のポールを使えば入り口がタープになる

デイトナ|モーターサイクルハウス入口
[写真タップで拡大]

ガレージの入り口は巻き上げ固定の他に、別途市販ポールを購入して立てることで、雨よけや日よけのタープとして利用することができる。ちょっとした作業時にはありがたい装備だろう。

モーターサイクルハウス|サイズ感
モーターサイクルハウス|脚固定

[写真タップで拡大]

モーターサイクルハウス|付属ペグ
[写真タップで拡大]

コンクリートアンカー固定に対応できるのはもちろん、砂利敷や土の上に設置したいときでも、スパイラル状で簡単には抜けることがないペグが標準で付属。スパイラル状に地面にねじ込むことで、真上へ抜こうとしても簡単には引き抜けない。シートを外した骨組みで確認すれば、サイズ感は明確に理解できる。大型バイクでも収納できることがわかるはずだ。これだけの広さがあれば、夢のマイガレージを展開することも可能だろう。

モーターサイクルハウス|2台タイプ
[写真タップで拡大]

ミドルクラスのスーパースポーツモデルと大型クルーザーが余裕で入庫できる1700mm(2台タイプ)のサイズ感。仮に1台用の車庫なら、棚を組んで工具箱やケミカルなどを置けるスペースも十分ある。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

※この記事はバイクいじりの専門誌『モトメカニック』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓

マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報