次世代型ハーレーの実力やいかに!? 新型水冷「スポーツスターS」試乗インプレッション〈車体チェック編〉

ハーレーダビッドソン新型水冷「スポーツスターS」

話題沸騰中のハーレーダビッドソン新型スポーツスターSに試乗した。伝統のVツインは挟角45→60度となり、ついに水冷化。気になるその乗り味をお伝えする前に、まずは車体のチェックから。

●文:ヤングマシン編集部(青木タカオ) ●写真:長谷川 徹

ハーレーダビッドソン スポーツスターS|試乗インプレッション|青木タカオ
[写真タップで拡大]

【テスター:青木タカオ】『ウィズハーレー』誌編集長も務めるバイクジャーナリスト。ハーレーの各モデルに造詣が深いのはもちろんのこと、現在はスポーツスターオーナーでもある。スポーツスターSを語るべき、プロ中のプロだ!

スタイリング/ライディングポジション/カラーバリエーション

ハーレーダビッドソン スポーツスターS|スタイリング

【’21 HARLEY-DAVIDSON SPORTSTER S】■全長2270 [全幅843] [全高1089] 最低地上高90 軸距1520 シート高755(各mm) 車重228kg(装備) ■水冷4ストV型2気筒DOHC4バルブ 1252cc [121hp/7500rpm] 12.7kg-m/6000rpm 変速機6段 燃料タンク容量11.8L ■タイヤサイズF=160/70TR17 R=180/70R16 ●色:ビビッドブラック ストーンウォッシュホワイトパール ミッドナイトクリムゾン ●価格:185万8000円(黒)/188万7700円(白 深紅) ※[ ]内は北米仕様のみ発表(日本未発表)の数値 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン スポーツスターS|スタイリング

新しさに満ち溢れているが、ファットボブ譲りの横長楕円タイプのLEDヘッドライトやXRを彷彿とさせるアップマフラーなど、誰もが見てもハーレーと分かるアイコニックなフォルム。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン スポーツスターS|ライディングポジション

【ライディングポジション】幅広なハンドルはグリップを握ると肘が張り気味に。ステップはフォワードコントロールながらライダーに近く、ヒザがゆったり曲がる。シート高は755mmで、両足カカトまでベッタリ地面に届く。[身長175cm/体重67kg] [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン スポーツスターS|カラーバリエーション
ハーレーダビッドソン スポーツスターS|カラーバリエーション

[写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン スポーツスターS|カラーバリエーション
[写真タップで拡大]

【カラーバリエーション】ビビッドブラック/ミッドナイトクリムゾン/ストーンウォッシュホワイトパールの3色展開だ。

エンジン/足まわり

ハーレーダビッドソン スポーツスターS|エンジン
ハーレーダビッドソン スポーツスターS|エンジン

【パンアメリカとは違う味付け】ボア105mm×ストローク72.3mmで排気量を1252ccとした水冷Vツイン。パンアメリカ用より低中回転重視のセッティングが施され、カムプロフィールやピストンも専用設計だ。アップマフラーはXRのイメージ。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン スポーツスターS|サスペンション
ハーレーダビッドソン スポーツスターS|サスペンション

[写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン スポーツスターS|サスペンション
[写真タップで拡大]

足まわりの充実ぶりには目を見張る。前後サスペンションは伸圧減衰/プリロード調整機構付きで、リヤは手動アジャスターをサイドカバー下に配置。トラベル量はフロント92mm、リンク式のリヤが51mm。

ハーレーダビッドソン スポーツスターS|フロントまわり
[写真タップで拡大]

【ごんぶとフロントタイヤ】ショーワ製43mmカートリッジ式倒立フォークに17インチキャストホイールを組み合わせたフロントエンド。ワイドタイヤは160mmもの幅があり、ファットボブやフォーティーエイトより10mm太い。迫力満点だ!

主要装備

ハーレーダビッドソン スポーツスターS|メーターパネル
[写真タップで拡大]

【Bluetoothが標準】Bluetooth接続によるスマートフォンやヘッドセット等の連携も可能。実際にコネクトさせ、音楽の再生などを試すことができた。

ハーレーダビッドソン スポーツスターS|スイッチボックス

【クルーズコントロールスイッチは左側】直感的に操作ができるスイッチボックスは、パンアメリカと基本レイアウトを共通とする。クルーズコントロールはセット後も1km刻みで速度調整ができて使いやすい。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン スポーツスターS|スイッチボックス

【トラクションコントロールスイッチは右側に。走行モードは5つ】ライディングモードはスポーツ/ロード/レインに加え、ライダーの好みに応じて各種設定を細かく調整できるカスタム2種(A/B)をセレクト可能。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン スポーツスターS|USB-Cポート
[写真タップで拡大]

【USB-C付き】フロントフレーム左側にUSB-Cポートを備えた。高性能で、ますます普及が見込まれる将来性のあるコネクタなのでありがたい。

ハーレーダビッドソン スポーツスターS|フォワードコントロール

【ノーマルではフォワードコントロール】フォワコンながらコンパクトな乗車姿勢になるようライダー寄りにセットされ、バンク角を稼ぐよう取り付け位置も上げられた。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン スポーツスターS|ミッドコントロールキット

【純正アクセサリーでミッドコントロールキットが発売】よりスポーティーなライディングポジションも純正パーツで構築可能。カスタムを提案し続けるハーレーだけに、ユーザーの要望に敏感だ! ●価格:13万7761円 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン スポーツスターS|シート
[写真タップで拡大]

ダートトラックレーサーXR750を彷彿させる短いテールカウルに、体重移動しやすいスポーティなソロシートをセット。パッセンジャー用のパッドとステップがオプション設定される。

新型スポーツスターSの実力やいかに!? 後編、渾身の試乗インプレッション編に続きます。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報