愛車の盗難・車両破損に万全の備え【HARLEY│車両+盗難保険™に加入してみた】

いくら中古車とはいえ、決して安い買い物ではなかった愛車XL1200L。事故に備えて手厚い任意保険には加入したものの、自分のバイクの破損や盗難などに対してはノーガード。そこで、これから安心してハーレーライフを送るために、さらに万全な「HARLEY│車両+盗難保険™」に加入しました。

●文/写真:ウィズハーレー編集部(ミヤシーノ) ●外部リンク:SBI日本少額短期保険株式会社

ハーレーだけの特別なオフィシャル車両保険

はじめてのハーレーとして令和2年3月に手に入れたXL1200L。ディーラーによる消耗品交換&12ヶ月点検を済ませたし、充実のロードサービス付き任意保険「HARLEY│モーターサイクル保険™」にも加入したので、これでもう心置きなく乗れるようになりました。

先日は仕事の合間を縫って、ハーレーでの初キャンプを決行!! そこで、シート高が低くトルクもたっぷりなハーレーは、キャンプ場近くの不整地や林道もけっこう走れることを知って、改めてハーレーの懐の深さを知ったのでした。

しかし一方で、もしこれで調子に乗って転倒などしたら、いったい修理代がいくらになるのかと急に不安になってしまったのです。

言うまでもなく、ひとたびバイクで転倒すれば車体損傷は免れません。車重のあるハーレーですから軽い転倒でも予想外に大きな被害になることもありそうです。国産車に比べると部品代も高額ですから、バイクだけでなくお財布へのダメージも深刻となるでしょう…。

それに盗難への不安も拭えません。通常は今借りている事務所内に屋内保管できるので、まず大丈夫だとは思っているのですが、出先だとそうもいきません。ツーリング先の食事や温泉など、目が離れたタイミングでふと愛車は無事だろうかとソワソワして心から楽しめないのです…。

そんな車両破損や盗難に対する不安を抱えるハーレーオーナーの悩みを解消できるような保険がないかどうかとネットであれこれ探してみると、最適解が見つかりました。その名も「HARLEY│車両+盗難保険™」です。

「全損補償」「半損補償」「盗難補償」の3つから自分の欲しい補償を選ぶことができるハーレーオーナー専用の保険で、現在の任意保険とは別に単独加入も可能。実際に保険金が支払われても任意保険の等級には一切影響ありません。さらに、すべての手続きをネット上で簡単に完了できる気軽さも魅力です。

実際に愛車の保険見積もりをしてみると、購入金額80万円に対し、全損/半損/盗難の補償フルセット分割払いで月額3845円(年合計4万6140円)。盗難補償だけなら月額1280円(年合計1万5360円)で加入できてしまうのです。予想以上にリーズナブル!

これからXL1200Lで、絶景ロードやキャンプツーリングへ、それから普段の街乗りへとガンガン乗りまくる予定なので、ここは「全損補償」「半損補償」「盗難補償」のフルセットに加入することにしました。

できれば避けたい事故や盗難ですが、任意保険でカバーしきれない分まで補償されれば不安はかなり軽減されます。これから存分にハーレーライフを満喫しようと思います。

保険を熟考するミヤシ
[写真タップで拡大]

保険の見積もりから加入手続きまですべてWEBで完結するので、自分の好きな時間に好きなだけ時間をかけて補償内容の検討が可能。筆者は仕事の合間にじ~っくり時間をかけてサイトを熟読し、保険の加入を決定!

事例1:車両全損特約の場合

事故により購入金額の80%を超える損害が発生した場合に適用。※交通事故証明書の発行が条件

Aさん(XL1200Xフォーティーエイト)ツーリング中の転倒事例

[写真タップで拡大]

雨の峠道でスリップし転倒。バイクは30m近く滑ってガードレールの下に食い込んでしまった。幸いケガはなかったものの、愛車のフォーティーエイトは、マフラー/タンクが凹み、フロントフォークは曲がり、エンジンからはオイル漏れ。フレームまでダメージを受けており、車両購入代金180万円に近い修理代になることに。

購入金額180万円が全額補償される(車両購入代金180万円+全損特別見舞金5万円※):購入から何年たっても購入金額を全額補償、免責金額なし。※全損特別見舞金(5万円)は車両が全損となった場合に支払われる。

事例2:車両半損特約の場合

事故により、購入金額の50%超〜80%以下の損害が発生した場合に適用。※交通事故証明書の発行が条件

Bさん(XL883R)街中での転倒事例

[写真タップで拡大]

交差点を右折中に横断歩道を渡る人に気付くのが遅れてブレーキミスで転倒。歩行者に接触も無く、自分にも怪我は無かったものの、バイクは縁石に接触し、フロントホイールが歪み、外装はもちろん、マフラーも傷だらけに。80万円で購入した中古のスポーツスターだったが、修理するのに48万円の見積もりとなった。

修理代金40万円が補償される(車両購入金額80万円の50%):中古車も新車と同様に補償される。

事例その3:車両盗難特約の場合

保有しているバイクを盗まれた場合、あるいは盗難に起因する損壊または汚損による損害が全損条件と同等の場合適用。※警察署での盗難被害届の受理が条件

Cさん(FXDLローライダー)新車カスタム車盗難事例

[写真タップで拡大]

新車で購入したバイクを、自宅駐車場に建てた簡易設置型ガレージにてチェーンロックで保管していたが、深夜に盗難されてしまった。警察によるとユニッククレーン付きのトラックで乗り付けるプロの犯行とのこと。カスタム費用を含む車両購入金額は300万円、購入後1年後の出来事だった。

購入金額300万円が全額補償される(車両購入代金300万円):パーツ代金含めた購入金額が補償対象。※工賃除く。保険申込後にパーツ/アクセサリーを追加した場合には、別途手続きが必要。

見積もりから加入まで3分で完了。ウェブ完結でスピーディな加入検討

まずは「カンタンお見積もり」ページで購入金額を入力します。カスタムパーツ(取り付け工賃は除く)の代金も含めて補償範囲(自賠責保険料や登録諸費用は購入金額には含まれない)。あとは一括払い/分割払いを選べば、各補償内容に応じた保険料が一覧表示されます。

筆者のXL1200L は車両購入金額80万円だったので、補償内容と金額は下の通りでした。この中から、全損/半損/盗難すべてを補償範囲に含む保険を選びました。

HARLEY | 車両+盗難保険のWebページ
[写真タップで拡大]

シンプルでわかりやすいので、WEBでいろいろ手続きするのが苦手な人でも簡単にできるはず。また、WEBでの手続きはやはり苦手という人には、フリーダイヤルの電話問い合わせも可能。窓口がWEBだけじゃないので安心できます。

引受少額短期保険業者:SBI日本少額短期保険株式会社
0120-800-919(ガイダンス1)
受付時間は9:00~17:00(年末年始を除く)

※「HARLEY|車両+盗難保険™」はSBI日本少額短期保険株式会社が販売するバイク用車両保険(正式名称:車両専用保険)です。Harley-Davidson Insurance Servicesはコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドが使用権を有する商標です。© H-D 2021. Harley, Harley-Davidsonおよびバー&シールドロゴの商標は全てH-D U.S.A., LLCに帰属します。
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報