間もなく誕生50周年のレジェンド

もはや文化財級!? カワサキ「Z1/Z2」が2021年日本自動車殿堂 歴史遺産車に選定

カワサキモータースジャパンは、1972年に登場した900 super4(通称:Z1)および1973年登場の750-RS(通称:Z2)が、特定非営利活動法人日本自動車殿堂の歴史遺産車に登録されたことを発表した。

ザッパー(ZAPPER)の名のもとに

最新のZ650RSが発表された際、我々のようなメディアが引き合いに出したネーミングに「ザッパー(ZAPPER)」がある。これは1976年に誕生したZ650の通称として広く知られているが、元々はカワサキが『最高のスーパースポーツモデルを開発する』という目標のために掲げたコンセプトこそがザッパーだった。

Z1(900 super4)の登場前夜、川崎重工業が手がけた新たな大型モデルの開発目標は、性能、スタイル、装備、あらゆる点で世界最高の「ZAPPER(ザッパー)」をつくりあげることだった。高評価を得ていた他社モデル、つまりCB750FOURといかに差別化するのか。そこに掲げられたのが「軽量で、パワフル、操縦性に優れた車」をである“ザッパー”だったのだ。これを今の言葉に置き換えるなら“スーパースポーツ”になる。

エンジンは世界最速、そして頑丈であることを求め、ハンドリングも現代のカワサキに通じる自在性と安定性を両立し、ホンダを打ち負かすという目標にこだわった。アメリカで発売された当時のカタログには、「ゼロヨン12秒、最高速度200km/h以上」の文字が誇らしげに踊っていたという。

そして、日本国内向けに排気量を746ccとして1973年に発売されたZ2(750-RS)は、こちらも大ヒットを飛ばし、今ではその生産台数の少なさから希少価値が上がり、旧車市場相場ではZ1をもしのぐ高値が付くほど。

『ザッパー』のコンセプトはGPZ900Rに受け継がれ、のちにGPZ1000RX、ZX-10、ZZR1100/1200へと発展。また、Z1/Z2のデザインエッセンスはネイキッドブームを巻き起こしたゼファー(ZEPHYR)シリーズにも受け継がれた。これはカワサキによるZ1/Z2イメージの意識的な活用も功を奏したものだった。

翻って現代。2018年以降の日本国内、大型二輪市場において3年連続トップセラーを続ける大ヒットモデル「Z900RS」も、この先駆者のイメージを大胆に反映したものだ。水冷エンジンに1本ショックのリヤサスペンションという組み合わせであっても、多くのユーザーが“Z”の系譜としてこのマシンを選んでいる。もちろんこれも、Z1/Z2の金字塔があってこそだ。

そんなZ1/Z2が、2021年日本自動車殿堂 歴史遺産車に選定された。1972年のZ1誕生から間もなく50周年という、これ以上ないタイミングでの選定といえよう。

日本自動車殿堂は、日本における自動車産業・学術・文化などの発展に寄与し、豊かな自動車社会の構築に貢献した人々の偉業を讃え、殿堂入りとして顕彰し、永く後世に伝承してゆくことを主な活動とする特定非営利団体だ。バイクでは2019年にヤマハSR400、2018年にホンダ ドリームCB750FOUR、2009年にホンダ スーパーカブが選定されている。

カワサキ Z1|Kawasaki 900 super4

米国で1972年に発表されたZ1(900 super4)は、同年11月に発売。当時の価格は1900ドルで、欧州市場も含めた当時の販売計画台数は1500台だった。 [写真タップで拡大]

カワサキ Z2|Kawasaki 750-RS

Z1の国内向けモデルとして開発され、1973年にデビューしたZ2(750-RS)。最高出力は69psだった。 [写真タップで拡大]

カワサキZ900RS SE
[写真タップで拡大]

【KAWASAKI Z900RS SE[2022 model]】主要諸元■全長2100 全幅865 全高1150 軸距1470 最低地上高140 シート高810(各mm) 車重215kg(装備)■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 111ps/8500rpm 10.0kg-m/6500rpm 変速機6段 燃料タンク容量17L■キャスター25.0°/トレール98mm ブレーキF=φ300mmダブルディスク+4ポットキャリパー R=φ250mmディスク+1ポットキャリパー タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:160万6000円 ●色:黒×黄 ●発売日:2022年春頃


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報