ボクサー神話 Vol.3|RIDE HI

BMWボクサー最強! 大流行のアドベンチャー系のルーツ

●文: ライドハイ編集部(根本健) ●写真: BMW

アフリカ戦線で怖れられた特別な存在、’80年代のパリダカでボクサーが甦る

いまラインナップにアドベンチャー系の車種を揃えるのがバイクメーカーのトレンド。それもビッグバイクだけでなく、ミドルクラスまで波及するほどの大流行だ。 このアドベンチャー系の源流が、水平対向2気筒のボクサーエンジンを搭載したBMWのGSシリーズなのをご存じだろうか。

それは40年以上も前、1979年に第1回が開催された『パリ・ダカール』ラリー。アフリカの砂漠を走るシーンでお馴染となったこの過酷なラリーには、様々な四輪駆動車をはじめ二輪車もチャレンジ、ただその主流は大排気量の単気筒オフロードモデルがベースで、そこへ参画したBMWボクサーが常識的に場違いと見られていたのは間違いない。

ところが1981年の第3回で、フランス人のユーベル・オリオール選手が優勝、彼は次いで1983年にも優勝を遂げ、BMWは本格的なチャレンジを開始。1984~85年とワークスチームでガストン・ライエ選手が2年連続優勝を遂げ、パリダカといえばBMWボクサーGSがイメージされるまでになったのだ。

実は1977年からオフロードスポーツシーンへの返り咲きを、ドイツ選手権でスタートするなど伏線はあったが、そもそも悪路に強いボクサーのいわば“血統”がベースにあったからにほかならない。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース