ボクサー神話 Vol.2|RIDE HI

BMWボクサー最強! 100年通用した地を這う強み

●文: ライドハイ編集部(根本健) ●写真: BMW

デビューした100年前から最強ブランド、そして’93年からまたもや最強へ

水平対向エンジンのボクサー(と呼ばれる由来はVol.1を参照)乗りにベテランが多いのは、タフで天気を問わず走りたくなる最強イメージからだが、この勢いは20年ほど前のGS系に端を発し最近の8年ほどの暴れん坊ぶりは誰もが認めるところ。

しかしボクサーは一時消滅の危機が訪れ、そこを乗り越えたエンジンという歴史が刻まれているのだ。

そもそも創成期に圧倒的な優位性を誇る最強の位置づけからスタートしてるそのルーツに触れておこう。

まず一般的にクルマメーカーとして知られているドイツのBMW。このビーとエムとダブリューの3文字は、Bayerishe Motoren Werke の頭文字からきている。

直訳するとバイエルン(英語圏ではババリア地方)にある原動機(Motoren)製造工場(Werke)。ドイツ南部の最大の州名となっているバイエルンは、州都がミュンヘン。日本風に表すとたとえば関西エンジン製造会社、のようなものだ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報