2032cc OHV 空冷V型2気筒エンジンの咆哮|モーサイ

【日本独占レポート アーチKRGT-1試乗】キアヌ・リーブスが作ったバイクは凄まじいスポーツクルーザーだった

ハリウッド俳優とカスタムバイクビルダーのコンビが興した新進気鋭メーカーARCH(アーチ)の中心的モデルが「KRGT-1」である。2020年型はさまざまな部分に改良が加えられ、さらなる進化を遂げた。完全受注生産、手作業による製造、2032ccの大排気量Vツイン、8万5000ドルという超プレミアムな価格設定と、何から何までケタ外れなこの高性能クルーザーは、いったいどんな走りを見せるのか? 20項目にわたる大幅改良を施され、150点におよぶ新設計パーツが組み込まれた新型KRGT-1を試すべく、取材班は米国西海岸へと飛んだ。

●インタビュアー: アダム・チャイルド(イギリス人バイクジャーナリスト) ●写真: アレッシオ・バーバンティ/アルナード・ピュイグ/ARCH MOTORCYCLES ●翻訳: 横須賀 零 ●編集: モーサイ編集部(上野茂岐)

全身アルミの工芸品ともいえるアーチ KRGT-1

試乗直前に緊張するなど通常ありえない。だが今回ばかりはちょっと無理。こいつはほかの量産車とはまったく違う。90日間をかけて手作業で組み立てられる、販売価格8万5000ドル【訳註:約940万円】のオーダーメイド&ハンドメイドマシンである。

2020年型として著しい進化を遂げた、このKRGT-1を最初に試すメンバーに選ばれたうえ、試乗には共同創業者兼共同開発者のガード・ホリンジャーとキアヌ・リーブスが途中から合流し、われわれを見守るとなればもう、緊張はいやがうえにも高まるというもの。

それだけじゃない。リヤの大径カーボンホイールに履く240サイズのミシュラン・コマンダー2が蹴り出すのは、チューンされた2032ccのS&S社製Vツインエンジンの馬鹿力。異質なマシンなのだ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報