’22 カワサキZ900RS”青玉虫”を撮り下ろし!【不滅のフォルムが引き立つ美麗ブルー!!】

'22 カワサキZ900RS"青玉虫"

大大大人気のネオクラモデル、カワサキZ900RS。’22では初の上級グレードであるSEがデビューする一方、スタンダード(STD)仕様のZ900RSでも新色の登場がトピック。往年のZ1/Z2に設定されていた通称”青玉虫”カラーを導入し、その人気はまだまだ続きそうだ。ここでは撮り下ろし写真とともに、STDの魅力をおさらいしていこうッ!

●文:ヤングマシン編集部(沼尾宏明) ●写真:長谷川徹 ●外部リンク:カワサキモータースジャパン

不滅のスタイルが引き立つ、最終Z1カラー!!

光の当たり方によって、玉虫のごとく輝きを変える……。美しいブルーが、’22モデルZ900RSのSTDに設定された。この車体色は、’18モデルの初代Z900RSから設定されてきたZ1オマージュのカラー。初期Z1の最終型である’75モデルのキャンディトーンスカイブルー、通称”青玉虫”カラーを意識している。Z1は主戦場が北米市場だったこともあり、アメ車を思わせる鮮やかな色味だ。

Z900RS 青玉虫 スタイリング

【’22 KAWASAKI Z900RS】■全長2100 全幅865 全高1150 軸距1470 シート高800(各mm) 車重215kg(装備) ■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 111ps/8500rpm 10.0kg-m/6500rpm 変速機6段 燃料タンク容量17L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:138万6000円 ●色:青×金、黒×金 ●発売日:’21年9月1日 [写真タップで拡大]

Z900RS 青玉虫 スタイリング

[写真タップで拡大]

Z900RS 青玉虫 スタイリング

[写真タップで拡大]

Z900RS 青玉虫 タンク
[写真タップで拡大]

新色キャンディトーンブルーは、Z1/Z2復刻カラーでは3色目。当然ながらスタイルとの相性は最高……!

他にも’22モデルのSTDとして同様のグラフィックのブラックを用意(言わば”黒玉虫”?)。ちなみにビキニカウル仕様のカフェには、黒×銀ラインでシートがツートンの新色が投入されている。

Z900RS ブラック

【’22 KAWASAKI Z900RS メタリックディアブロブラック】’22モデルのSTDは、”青玉虫”とこの”黒玉虫”の2本立てとなる。’04モデルのゼファーにも似たテイストだ。 [写真タップで拡大]

Z900RS カフェ ブラック

【’22 KAWASAKI Z900RS カフェ メタリックディアブロブラック】一方のカフェはシートをブラウン×ブラックの2トーンとするなどしてクールな雰囲気。 [写真タップで拡大]

乗ってもZ風のフィーリングがある!?

ここでSTDの”乗り味”についても、おさらいでチェックしておこう。Z900RSのパワーユニットはパワフルかつリニアで、実は旧車らしいフィーリングまで健在。しかも倒立フォーク+水平モノショック、ラジアルキャリパーという最新の足まわりも手伝って、外観を裏切るほどスポーティな走りで酔わせてくれる。

乗ってみておいしいのは4000~7000rpmあたり。ピックアップが鋭く、トルクを存分に味わえるため、軽快に流す走りが実に気持ちいい。しかも空冷のようなゴリゴリした演出や、丸みを帯びたシートの着座感などが昔のZっぽい。

Z900RS 青玉虫 走り

ハンドリングは超ニュートラル。長距離を走った際でも、疲労感が少ないのが魅力だ。 [写真タップで拡大]

Z900RS 青玉虫 ライディングポジション

【ライディングポジション】人が乗った状態でも流麗なライン、強調されたエンジンがよく見える。跨った印象はいわゆる殿様ポジションで上体は安楽。シート高は、大型スポーツとしては低めの800mmで、両足指がシッカリ接地するので安心だ。 [写真タップで拡大]

Z900RS 青玉虫 エンジン
[写真タップで拡大]

111psの水冷ユニットは低中速域のトルクを重視した設定。その領域では空冷エンジン的な味わいがある。

往年の人気色復活で販売台数トップ4連覇も安泰?!

登場5年目を迎えるZ900RSだが、その人気は今だ衰えることを知らない。’17年12月の発売以来、ベストセラー街道を驀進し、’20年まで3年連続で大型クラス1位の販売台数をキープし続けている。魅力の源泉は、多くのライダーが認めるところだが、ここまで書いてきたように”スタイル”と”走り”にあるだろう。

丸1眼に強調されたエンジン、流麗なティアドロップタンクからサイドカバーを経て、テールへと連なる伸びやかなライン。Z1に始まる”バイクらしいバイク”を体現した姿は、まさに時代を超越した不滅のフォルムだ。

SEに加え、往年の人気カラーである”青玉虫”が登場したZ900RS。猛追するレブル1100を突き放し、4年連続ベストセラーの座につくか?!

Z900RS 青玉虫 スタイリング

[写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報