ユーロ5適合とパワーアップを両立

マットカラーが新鮮! 2022モデルのスズキKATANAは電スロ採用でアップデート

スズキは11月23日に開幕したEICMA(ミラノショー)で2022年モデルのKATANAを発表した。ユーロ5排ガス規制に対応させたパワートレーンは電子制御面がアップデートされ、さらに新登場となるマット系のボディカラー2色をまとっている。

●文:ヤングマシン編集部

エンジン:電スロ化して吸排気系も変更

スズキのストリートファイター・GSX-S1000Sをベースに2019年に復活した2代目KATANA。偉大なる初代カタナをオマージュしつつ、アップハンドルやショートテールなど現代流の解釈を加えて新たなファン層を開拓している。その新生KATANAが2022年モデルへと進化した。

エンジンは従来どおり、名機の誉れ高き2005年型GSX-R1000(K5)に端を発する999cc並列4気筒を継承しつつ、新たに電子制御スロットルを獲得。さらに排気系を再設計し、エアクリーナーボックスも内部構造を変更。吸排気カムシャフトはリフトとオーバーラップを減らした新プロファイルとされる。

これらにより、最高出力を150→152psに向上させつつ、より山や谷の少ない滑らかな出力特性を獲得。ユーロ5にも対応させている。最大トルクは108→106Nmへわずかに減少したが、逆に低速トルクは増強されているという(数値は欧州仕様同士の新旧比較)。

さらに、従来型も装備していたスリッパークラッチには新たにアシスト機能を追加。ラジエターもフィンピッチを拡大してエアフローを約18%低減、放熱性を高めてアイドリング時の温度を約1.5度下げた新作が採用されている。

KATANA|マフラー|新旧

左が旧型で右が新型。外観のデザインや4-2-1集合方式は踏襲しつつ、膨張室の変更や触媒の2ステージ化(黄色部分)、テールパイプ延長に伴う排気デバイスSET(スズキエキゾーストチューニング)の位置変更などを実施。スズキ独自の評価プログラムにより、音質の再チューニングも受けている。 [写真タップで拡大]

KATANA|エアクリーナーボックス|新旧

同じく、左が旧型で右が新型。新型のエアクリーナーボックスは、容量こそ8.9→8.2Lに微減するが、吸入抵抗を効果的に低減して出力向上に貢献。セパレーターを廃して重量も軽減している。 [写真タップで拡大]

KATANA|カムシャフト
KATANA|カムシャフト|プロファイル

カムシャフトは従来型よりもリフトを減らし、かつ吸排気のオーバーラップを減らしたプロファイルとされた。 [写真タップで拡大]

KATANA|電子制御スロットル

電子制御化されたスロットルは、ボア径を従来型の44→40mm径へと縮小。32ビットECMの高い処理能力と相まって、様々な制御システムの導入に貢献する。 [写真タップで拡大]

KATANA|出力特性グラフ

従来型の谷部分を盛り上げてよりフラットな出力特性を得つつ、最高出力アップも実現。最高出力は1000rpm高い11000rpmで発揮される。 [写真タップで拡大]

電子制御:上下双方向のクイックシフターをゲット

新たに電子制御スロットルを投入したことで、出力特性を3モードに変更できるS-DMS(スズキドライブモードセレクター)も新採用。トラクションコントロールは従来型の3段階+OFFから5段階+OFFへと進化し、より細かなセッティングを可能としている。

電子制御面でさらに嬉しいのは、アップ/ダウンの双方向で作動するクイックシフターの装備だろう。快適性を向上させるアイテムとしては、クラッチミートの際に自動でエンジン回転を高めてエンストを防ぐローRPMも新採用されている。

KATANA|S-DMS|特性カーブ

S-DMSは、最もスポーティなA(アクティブ)、B(ベーシック)、C(コンフォート)の3モードから出力特性を選べる。 [写真タップで拡大]

KATANA|クイックシフター

電子制御スロットルが導入されたことでクイックシフターも導入。クラッチ操作不要でシフトアップ/ダウンが可能だ。 [写真タップで拡大]

外観:細部色変でフレッシュ感UP

ベース車であるGSX-S1000から譲り受けたフレームやサスペンションといった車体まわりに変更はないが、ハンドルはポストを別体とし、トップブリッジとの間にラバーマウントを噛ませてフローティングマウント化。振動を低減して快適性を向上させている。

新KATANAで話題を集めそうなのは新しい車体色だろう。ダークブルーとグレーの2色は、ともにつや消しのマット仕上げで、前者はホイールをゴールドに、後者はレッドとしてモダンな華やかさを演出。細かな部分では倒立フォークのアウターチューブを従来の黒→ゴールドに、リヤショックのスプリングを赤→グレーとしてコーディネート。カラーコンセプトの“プレミアムシック”を体現する仕上がりとしている。

LCDメーターは基本的には従来型を踏襲するが、追加された電子制御に応じてS-DMSやクイックシフターのインジケーターを追加。バックライトを従来型の白に加え、アンバーにも変更可能とするなどの変更を加える。画面下部には「刀」のロゴも追加された。

エンジンや電子制御のアップデートは、基本的には登場済みのストリートファイター・GSX-S1000を踏襲したものと言っていいが、アップライトなライポジを持ち、今回スタイリッシュなボディカラーも得た新KATANAは、より街中で“映える”1台と言っていいだろう。日本導入時期や販売価格は現時点で未定だが、早期の導入を期待したい。

KATANA|外観|ブルー

「メタリックマットステラブルー」と名付けられたつや消しブルー車。ゴールドの足まわりと相まってスポーティな雰囲気。 [写真タップで拡大]

KATANA|外観|グレー

グレー車のカラー名称は「ソリッドアイアングレー」。ホイールとタンクエンブレムをレッドで統一したバランス感が光る。 [写真タップで拡大]

KATANA|外観|ブルー

2022 SUZUKI KATANA【Metallic Stellar Blue】 [写真タップで拡大]

KATANA|外観|グレー

2022 SUZUKI KATANA【Solid Iron Gray】 [写真タップで拡大]

KATANA|ハンドル|ハンドルマウント|旧型
KATANA|ハンドル|ラバーマウント|新型

旧型ではトップブリッジと一体化していたハンドルポストを新型では別体化。ラバーマウントとしてハンドルバーの振動を抑制する。 [写真タップで拡大]

KATANA|メーター
KATANA|メーター

メーターはバックライト色が切り替え式となり、アンバー表示(左)も可能となった。 [写真タップで拡大]

2022 SUZUKI KATANA主要諸元(欧州仕様。[ ]内は従来型国内仕様)■全長2125[2130] 全幅830[835]全高1110 軸距1460 シート高825(各mm) 車重215kg(装備) キャスター/トレール25度/100mm ■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 999cc 内径×行程73.4×59mm 圧縮比12.2 152ps/11000rpm 106Nm/9250rpm[148ps/10000rpm 107Nm/9500rpm]  変速機形式6段リターン 燃料タンク容量12ℓ ■ブレーキF=Wディスク R=ディスク ■タイヤF=120/70ZR17 R=190/50ZR17


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021
WEBヤングマシン|最新バイク情報