待望の発売日は2019年5月30日!

国内仕様登場!!!! スズキ 新型カタナの価格は151万2000円!!

  • 2019/5/24

輸出仕様の試乗記事などがすでに出回っており、ファンをやきもきさせていたスズキ 新型カタナだが、ついに国内仕様が正式発表された。発売は5月30日だ!

新たなるストリートバイクの伝説を鍛造する!

刀鍛冶が鋼を叩いて鍛え上げるように、燃料タンクから車体先端まで研ぎ澄まされた刀のようにシャープで流れるようなラインをあしらい、角型のLEDヘッドランプや刀の切っ先をイメージした造形のLEDポジションランプなどにより、伝説的なGSX1100S KATANAの特徴的な顔つきを再現。スズキ初となるターンシグナル付きスイングアームマウントリヤフェンダーを採用し、車体後部のシート下をすっきりとさせた外観に仕上げた。

車体は軽量アルミフレームにGSX-R1000ゆずりの998cc直列4気筒エンジンを搭載。このエンジンはR1000の中でも名車と呼ばれるK5(2005年型)がベースとされている。また、車体全体ではGSX-S1000がベースではあるものの、エルゴノミクスやエンジンの出力特性まで調律され、あらたなストリートバイクとして生まれ変わったものだ。ワンプッシュでエンジン始動が可能なスズキイージースタートシステムや、スムーズな発進を補助するローRPMアシスト機能を採用するなど、街乗りでの扱いやすさにも配慮がなされた。

インターモト2018でその姿をあらわした新型カタナ。

その後のミラノショーでブラックカタナが発表された。

【SUZUKI KATANA】主要諸元■全長2130 全幅835 全高1110 軸距1460 シート高825(各mm) 装備重量215kg)■水冷4ストローク並列4気筒 DOHC4バルブ 998cc 148ps/10000rpm 10.9kg-m/9500rpm 変速機6段 燃料タンク容量12L■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/50ZR17 ●価格:151万2000円 色:銀、黒 ●発売日:5月30日

伝説の元ネタとなったのはこちら

1980年、ドイツで開催されたケルン インターモトショーにプロトタイプが出品された「GSX1100S KATANA」は、ハンス・ムート率いるターゲットデザインによるデザインで、ケルンの衝撃と呼ばれるほどのインパクトを世界中に与えた。翌1981年には欧州で発売、1982年には国内仕様としてGSX750Sが発売された。以降、途中に休止期間を挟みつつ1991年にGSX250S,1992年にGSX400S、1994年にはついに国内でもGSX1100Sが発売され、その1100Sは20世紀の終わりまで約20年にわたって基本デザインを変えないまま販売された。

【GSX1100S KATANA】真横から見ると黄金比と呼ばれる16:9に収まっている。

関連する記事/リンク

ヨ

ヤングマシン編集部員

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)

【車両ブランド】ホンダ(全記事)ホンダ(車両別)ヤマハ(全記事)|ヤマハ(車両別)スズキ(全記事)|スズキ(車両別)カワサキ(全記事)|カワサキ(車両別)BMWドゥカティトライアンフKTMハーレーダビッドソンその他外国車 【バイクカテゴリー】スーパースポーツスポーツ&ツーリングネイキッドヘリテイジ&ネオクラシックアドベンチャー&オフロードクルーザースクータービジネス&レジャー電動バイク名車/旧車/絶版車 【免許&排気量】大型二輪[1001cc〜]大型二輪[751〜1000cc]大型二輪[401〜750cc]普通二輪/ミドル[251〜400cc]普通二輪/軽二輪[126〜250cc]原付二種[51〜125cc]原付一種[〜50cc] 【キーワード】特集連載試乗インプレモトGPヘルメットウェアバッグマフラータイヤ青木宣篤岡崎静夏下川原リサ原田哲也丸山浩 【参加メディア】ヤングマシンモトツーリングプロスペックモトメカニックウィズハーレーゴーライドモーサイライドハイ