エレファントの正統後継車か

その姿、ラッキーストライク!? いやいやMVアグスタの「LUCKY EXPLORER PROJECT」です!

MVアグスタは、11月23日に開幕するEICMAに向けてティーザーサイトをオープン。「LUCKY EXPLORER IS BACK」としてカウントダウンを開始した。ティーザー動画に映し出されたのは、現MVアグスタの前身となるカジバの「エレファント」にラッキーなあのカラーリングが施されたマシンだ。

●外部リンク: LUCKY EXPLORER PROJECT

ドゥカティLツインを搭載していたアドベンチャーマシンが、MVアグスタの3気筒で新生か

MVアグスタは、2021年11月23日に開幕するEICMAに向けて、ちょうど1週間前にあたる11月16日未明にティーザーサイトのオープンを発表した。今まではオンロードスポーツに特化してきたMVアグスタだが、今回は様子が異なるようだ。なにしろ、ティーザー動画に映し出されていたのは、現MVアグスタの前身となるカジバの「エレファント」だったのだから。しかも、走っているのはおそらくパリダカールラリーで、マシンのカラーリングはラッキーストライク……ではなく、「ラッキーエクスプローラー」だった。

エレファントは、ドゥカティの904cc空冷Lツインエンジンを搭載したラリー系アドベンチャーで、パリダカールラリーを走ったマシンの公道バージョン。いわばイタリア版のアフリカツインである。

ティーザーサイトでは、「あなたの毎日のパリダカールラリーを走るために」と謳われていることからも、MVアグスタ初の本格アドベンチャーマシンが登場するのは間違いないだろう。エレファントはLツインを搭載していたが、現在のMVアグスタであれば並列3気筒エンジンを搭載すると見るのが自然かもしれない。

カウントダウンはすでに始まっており、これがゼロになるのは日本時間で11月23日の17時30分と思われる。どのようなマシンが姿を現すのか、今から楽しみだ!


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報