Honda CBR1000RR-R MAGICAL RACING×ライドハイ

【マジカルレーシング×CBR1000RR-R】ブレーキキャリパーダクトでMotoGPマシンの雰囲気を味わおう!

●文:ライドハイ(伊藤康司) ●写真:石村 英治(フォトスペースRS)

“操る悦び”を支えるボディパーツに最新トレンドを投入

2020年、ついに“R”の文字を追加したCBR1000RR-Rがホンダから誕生。「操る悦び=トータルコントロール」というコンセプトを守りつつ、主戦場をサーキットに向けた意欲作だ。そのRR-Rの戦闘力をさらに高めるパーツをマジカルレーシングが製作。

前後フェンダーやアンダートレイといったボディパーツに加え、今回は新登場の「キャリパークーリングエアダクト」がトピックだ。

ブレーキはある程度発熱しないと有効な制動力を発揮しないが、ハードブレーキ等で熱容量がオーバーすると、やはり効きが悪くなりフェードする危険もある。それを抑制するためにブレーキキャリパーやパッドを冷却するのがこのエアダクトで、最近のMotoGPマシンにも装着が増えている。

実際に同社がサポートするライダーのマシンなどに装着し、サーキットで走行テストを重ねて効果を実証。その製品化第1弾がこのCBR1000RR-R用となり、今後も車種専用に開発してラインナップを拡大する予定だ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報