意味深な「#Z50thCelebration」動画公開

カワサキ『Z1』誕生50周年で何かが来る!! 2022年のZ900RSは“火の玉”×SEか?!

カワサキは、「#Z50thCelebration」「#KawasakiZ」のハッシュタグを付けた動画『祝!Z生誕50年。』を各SNSで公開した。映し出されたのは初代Z1のサイドカバーを舐めるようにとらえた映像と、その最後に続く『Z 50th』をモチーフにしたロゴ、そして『Coming in 2022』の文字だった。こ、これはっっ!

やらないわけがない! Z1誕生50周年記念モデル

カワサキは、「#Z50thCelebration」「#KawasakiZ」のハッシュタグを付けた動画『祝!Z生誕50年。』を各SNSで公開。これが我々に伝えようとしているのは、単に50周年を迎えるという事実のみ? いやいや、そんなわけがない。我々は、動画の最後に表示される『Coming in 2022』が何かの胎動を知らせるサインと受け取った。以下にその理由を述べていきたい。

伝説の名車であるカワサキZ1(正式名称:900 Super4)は、最新Z900RSのモチーフになった車両としても知られている。その登場年は1972年。来たる2022年は、Z1誕生から記念すべき50周年に当たる。

Z900RSがこれだけユーザーに支持され、ベストセラーを続けていることから考えても、Z1のスタイルを継承するこの最新モデルで50周年を祝う何かがあるはずだ……というのが第1の理由。

おりしも2021年10月1日にはカワサキモータースが川崎重工から分社化され、新たなスタートを切ったばかり。その所信表明の場では、伊藤浩社長がカーボンニュートラルの分野で2輪業界を牽引していくという決意とともに、「メグロやZ900RSに代表される、伝統を継承するモデルは今後も投入する」と明言している。これが第2の理由だ。

これら2つの理由、Zブランドの盛り上がりと機運、そして本日公開された控え目なティーザー(とすらも言えない?)映像を観るにつけ、Z900RSブランドを盛り上げるための何かが用意されていると考えないほうが不自然だろうと思えてきた。

ただ、カワサキはすでにZ900RS SE(来春発売)を発表済みで、欧州版の初代Z1(1973年モデル)のカラーリングをリバイバルした、通称“イエローボール”をまとわせている。これが50周年を祝うモデルなのか……という見方ももちろんあるが、カワサキに「SEが50周年ですか?」と直球質問したところ、なんと答えは「NO」だったのだ。となれば、やはりイエローボールのSEとは別の記念モデルが存在するに違いない!

我々の予想というか希望では、50周年記念となればやはり初期型の“火の玉カラー”が欲しいところ。もしかしたら、グラフィックはそのままに色味が変更される可能性もあるかもしれない。

つまり、SEと同様にブレンボ製キャリパーとオーリンズ製リヤショックで武装した上級グレードに、50周年記念モデル独自のカラーリングを施したものが登場する、という方向性が多くのファンも納得の方向性なんじゃないだろうか。アニバーサリー感を高めるため、さらに独自の装備……たとえば4本出しマフラーなどが加わるかはさらなる調査を待たねばならないが、いずれにしても登場すればZ900RS SEを超える凄まじい争奪戦になることは必至だ。

ちなみにカワサキは、北米で11月23日に3機種のニューモデル登場を予告しており、そのうちの1台がZ900RSの50周年記念モデルの可能性もある。かつてのZ1は北米が主要マーケットだっただけに、発表の舞台にもふさわしい。

カワサキ『Z』の次の50年に向けて、そしてカワサキモータースの新しい船出に向けて、記念モデルが登場する舞台はこれ以上ないほどに整っている……!

【大胆予想】Z900RS・50周年記念モデルは火の玉×ゴールド!?

KAWASAKI Z900RS 50th anniversary

車体はZ900RS SEをベースとしながら、初期型Z900RSの“火の玉カラー”をZ1により近い明るめのキャンディブラウンとし、サイドカバーに記念ロゴをあしらってみた。脚は金色になり、初期型Z900RS(2018年モデル)よりもプレミアム感が強い! ●CG: SRD [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900RS SE
KAWASAKI Z900RS SE

【足まわりはSEを踏襲か?!】恐らくSEと同様のハイグレードな脚を継承するハズ。SEはフロントのブレーキシステムを全面変更し、ブレンボ製のM4.32キャリパー+ディスクを投入。Fフォークのエンドピースのほか、ステンメッシュホースや小型化したマスター径なども専用品だ。また、リヤショックもSEと同様にオーリンズS46を備えるハズ。アジャスターホースの取りまわしや密閉性の高いダブルリップ式ダストシールなどは専用だ。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900RS
KAWASAKI Z1|900Super4

【やはり火の玉の再現? 50年目の飾るZとは?!】初期型Z1のブラウン×オレンジが通称“火の玉カラー”。まさにZ1のシンボルカラーで、これまでもゼファーシリーズ、デビュー時のZ900RS(2018~2019)に設定され、絶大な人気を博してきた。50年という節目に火の玉を採用するのは、ファンから見ても当然の成り行き。ベースはやはり上級版のSEグレードになるだろう。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900RS SE
[写真タップで拡大]

こちらは2022年春に発売予定のZ900RS SE。価格は160万6000円だが、すでにキャンセル待ちすら難しい状況だ。

40周年ではZ1カスタム&時計が登場していた

Z1|40周年

[写真タップで拡大]

Z1誕生40周年の’12年にも様々な動きがあった。海外で火の玉カラーなどをオマージュした記念時計が販売。さらに現代のZ1000をZ1風にカスタムした車両が展示され、騒然となった。これを機に復活を望む声が高まり、Z900RS発売の後押しとなったのだ。

火の玉ウォッチは、Z1の排気量にちなんだ限定903個で販売。タイヤ風など他のデザインもあった。 [写真タップで拡大]

2012年ミラノショーで40周年を記念し、イタリアカワサキがZ1風カスタムを展示。外装&マフラー変更でZ1スタイルを実現した。 [写真タップで拡大]

【動画】祝!Z生誕50年。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報