ピレリ・ジャーナル Vol.2|RIDE HI

【Q&A】タイヤはなぜ黒い?

タイヤはどれを見ても黒い色をしている。エッ、タイヤは黒くて当然で、何をいまさらと思われるかも知れないが、ではなぜタイヤは黒いのだろうか? 元のゴムが黒いから、そう思われてるかもしれない……。

ゴムは人類初のプラスチック

実はタイヤが黒くなったのは120年前。

それまでタイヤのゴムは、天然ゴムの色のアメ色だった。当初は柔らかくベタベタした天然ゴムのままに近く、凹んだら元に戻らないクッション材に過ぎなかったのだ。

ところで、そもそも人類とゴムの関係はとても古く、15世紀に探検家のコロンブスはインディオが遥か昔から壷や靴にボールなど、ゴムを熱することでつくっていたのを発見。この人類初のプラスチックの応用で様々な工業製品がつくられるようになった。

なかでも大きな変革期となったのが、まず1840年頃に硫黄を加えることで弾力、つまり凹んでも元に戻る特性が得られることを発見。そして、その半世紀後にカーボンブラックを加えることで、ゴムが大きな重量や圧力に耐える頑丈さを得た。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報