2気筒のようなトラクション?

トライアンフ新型「タイガー1200」開発順調! Tプレーン3気筒のビッグアドベンチャー

トライアンフモーターサイクルズは、新型「TIGER 1200」がオフィシャルプロトタイプテストの段階へ進んだことを発表した。タイガー900が採用していたTプレーンクランクをオーバーリッタークラスとして初めて搭載し、力強いトルクとトラクション、胸のすく高回転サウンドを得ているという。

ティーザー動画を公開! サウンドも聞ける

高回転までよく回る2気筒、あるいはV4エンジン的な……。トライアンフモーターサイクルズが公開したティーザー動画で激しい走りを見せる新型タイガー1200は、クランクを120度ずつオフセットする等間隔3気筒とは異なり、1番~2番~3番のクランクピンをそれぞれ90度ずつひねった構成の“Tプレーンクランク”の3気筒エンジンを搭載したアドベンチャーモデルだ。

気筒ごとの並び順を無視すれば、ヤマハYZF-R1のクロスプレーンから1気筒を除いたようなものともいえるが、それはともかく、クランクピン配置を横から見るとTの字になっているように見えることから、トライアンフはこれを「Tプレーン」と名付けている(詳細は関連記事参照)。

車両の詳細については言及されていないが、遅くとも11月のEICMA 2021で正式発表されることになりそうだ。

トライアンフによれば、新型T-Planeトリプルエンジンは、スムーズな走り、洗練性、優れたレスポンスとトラクタビリティを誇り、ダート走行、コーナリング、大陸横断、どれを取ってもパーフェクトに対応するとしている。激しいい走りのイメージから、ライバルはCRF1100LアフリカツインやKTM1290アドベンチャーシリーズを想定か?

待て続報!

トライアンフ 新型タイガー1200

トライアンフ 新型タイガー1200 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報