2年続けてコロナ禍で中止されていた

東京モーターサイクルショー、2022年の開催に向けて始動! 新たなイベント様式を模索

東京モーターサイクルショー協会は、国内最大級のモーターサイクルイベント「東京モーターサイクルショー」を2022年3月25日(金)~27日(日)の3日間、東京ビッグサイトでの開催に向けて準備を進めていくと発表した。

第49回 東京モーターサイクルショー(2022年3月25日~27日)、3年振りの開催なるか

東京モーターサイクルショーが帰ってくる! と言い切ってしまうには、このコロナ禍の中では気が早いのかもしれないが、開催に向けて始動するというニュースは我々に希望を与えてくれる。

1971年に第1回が開催された東京モーターサイクルショーは、2022年で第49回を迎える。2011年(第38回)は東日本大震災、そして2020年(第47回)、2021年(第48回)は新型コロナウイルス感染拡大で中止を余儀なくされたが、第49回は二輪業界の活性化に貢献するため、ウィズコロナ時代にふさわしい新たなイベント型式での開催を目指すという。

現在、新型コロナの感染拡大が懸念される中、東京モーターサイクルショー協会では、開催の是非について関係各所や当局と様々な意見交換を重ねている。開催に向けては、感染拡大防止対策を徹底し、マスク着用、体調・検温チェック、消毒や換気、三密・飛沫防止対策はもちろんのこと、館内滞在者数管理を行うなど、可能な限りの感染予防対策を講じるとしている。

ただし、今後さらに緊急事態宣言の発令をはじめ、政府や東京都、会場などからイベント自粛などの要請があった場合、東京モーターサイクルショー協会として開催を中止する可能性もある点には留意しておきたい。

2021年10月より、出展企業の募集を開始。詳細は9月末に公式サイトで公開予定とされる。

第49回 東京モーターサイクルショー 開催概要

名称:第49回東京モーターサイクルショー

会期:2022年3月25日(金)~3月27日(日)=3日間=(予定)
   3月25日(金)10:00~13:00 特別公開
          13:00~18:00 一般公開
   3月26日(土)10:00~18:00 一般公開
   3月27日(日)10:00~17:00 一般公開

会場:東京ビッグサイト 西1ホール/西2ホール/西3ホール
         /西4ホール/アトリウム/西屋上展示場
   ※西ホールを全館使用し、会場を拡大します。 第46回対比 128%

主催:東京モーターサイクルショー協会

後援(予定):全国オートバイ協同組合連合会/(一社)全国軽自動車協会連合会
   /(一社)全国二輪車用品連合会/(一社)自動車公正取引協議会
   /(一社)東京都自動車整備振興会/(一財)日本オートスポーツセンター
   /(一社)日本自動車工業会/(一社)日本自動車連盟
   /(一財)日本モーターサイクルスポーツ協会

協力:(一社)日本二輪車普及安全協会

交通安全教育(予定):警視庁

出展対象:モーターサイクル及びモーターサイクル関連企業ほか一般企業

入場料:前売り券(税込):大人1800円・高校生500円
    当日券(税込):大人2000円・高校生500円
    ※時間制での入場者数制限を予定しております。
    (詳細は11月頃に公式ホームページで公開予定)
    ※中学生以下無料・障がい者の方は、本人と介護の方1名まで無料(障がい者手帳の提示が必要)

2021年9月27日現在


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報