Pick-up|ライドハイ

【特別対談:世界で戦う若き日本人ライダー】Moto2小椋&Moto3國井&WSS 300岡谷

【特別対談:世界で戦う若き日本人ライダー】Moto2小椋&Moto3國井&WSS 300岡谷

●文:ライドハイ(伊藤英里) ●写真:柴田直行

桶川スポーツランドにて、エキシビション走行も

サマーブレイクとはいえ、シーズン中であることに変わりはない。彼らは時間を惜しんで、コースに出て行く。この日はスポーツ走行を走りに来た一般のライダーも多くいた。その中に混じって、世界で戦うライダーたちが走り込む。コーナーでの滑らかな体の動き、巧みなバイクのコントロールは彼らの戦場がどれだけ厳しく、そして高みにあるかを物語っていた。

午前中のスポーツ走行が終了すると、特別に世界選手権を戦うライダーたち──小椋、國井、岡谷、そしてこの日やはり桶川スポーツランドに練習のため訪れていた、Moto3ライダー山中琉聖(CarXpert PruestelGP)の4人による、エキシビション走行が行われた。走りで魅了することはもちろん、ウイリーなどのファンサービスも忘れない。見入っていた人々が、この特別で素晴らしいエキシビションを見せてくれたライダーに感謝の拍手を送る。ライダーもそれに応える。その瞬間、そこは世界選手権の会場のようだった。

バイクを降りてヘルメットを脱ぐと、青年らしい表情がのぞく。今回は小椋、國井、岡谷に対談形式でお話をうかがった。まとめ役に回る岡谷、その走りさながらにクールに核心を話す小椋、3人の中ではいじられ役に見える國井。対談形式ならではのエピソードもぽろりと飛び出した。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報