TRIUMPH SPEED TWIN×ライドハイ

【トライアンフ スピードツイン インプレ】モダンクラシックの枠で語れないスポーツ性の高さ

●文:ライドハイ編集部(小川勤) ●写真:長谷川徹

ユーロ5対応のNEWスピードツインは、クラシックとスポーツを高レベルで両立

トライアンフのモダンクラシックカテゴリーは、代表的なボンネビルを軸にスクランブラーやカフェスタイルのスラクストンなど、その名の通り、往年の英国車をオマージュしたスタイルが基本だ。

スピードツインのエンジンは、もちろん伝統のバーチカルツイン(リヤの車高が上がり前下がりの姿勢のため、正確にはエンジンが前傾しているのでバーチカル=直立ではないが……)を搭載するが、ディテールがそのスタイルにまるでマッチしていない……。

駐車してあったスピードツインを見たRIDEHIプロデューサーの根本も「凄いタイヤ履いてるなぁ〜」と唖然。タイヤは市販車でもっともグリップが高いといってもよいサーキットでもバンバン走れるメッツラー製のレーステックRRK3で、そのトレッドを見れば驚くほど溝が少ないことがわかるだろう。

もちろん違和感のあるディテールはタイヤだけではない。ブレーキキャリパーはブレンボ製モノブロックのM50で、マスターシリンダーはセミラジアルタイプ。スイングアームは剛性と軽さを両立したアルミ極太パイプで、フロントフォークは倒立タイプとなっている。

他にも一見クラシカルなダブルクレードルフレームは一部をアルミとすることで軽量化を徹底。ボンネビルT120と比較すると車両重量は、20kgも軽く仕上げられている。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報