シブイチ[1/4]ラチェットハンドルなら繊細なバイクメンテナンス作業もお手のモノ!〈KTCネプロス〉

シブイチ[1/4]ラチェットハンドルなら繊細なバイクメンテナンス作業もお手のモノ!〈KTCネプロス〉

バイクのハンドル/レバー/ペダル位置や角度等には慣れや好みがあり、ほんのちょっと変化するだけで違和感を覚えることもよくある。ハンドツールも同様で、ボルトやナットへのフィット感はもちろん工具そのものの触感や質感も作業性を左右する重要なポイントとなる。そこで『モトメカニック』編集部が特にお勧めしたいのが、シブイチ(1/4)サイズのラチェットハンドル。”1/4″または”6.3sq.”とも表記される、小ぶりなラチェットハンドルとソケットレンチだ。

●外部リンク: 京都機械工具[KTC]

デリケートな入力に対してダイレクトに反応する、ネプロスの6.3sq.ラチェットハンドル&ソケット

前後スライド/リクライニング機構付きシート/チルトステアリングなど、いくつもの調整機能がある自動車に対して、多くのバイクは今でも”ライダーがバイクに合わせる”必要がある。ブレーキレバーの開き幅やペダルの高さを微調整できる機種もあるが、グリップとレバーの角度やハンドルの位置などは固定されていることが多い。

操作性にしてもスタイルにしても自分好みに合わせてナンボというバイクいじり好きであれば、快適で操作しやすいようにするのは当たり前だろう。そして調整であれ部品交換であれ、そうした場面で必要なのが手になじみ使いやすい工具だ。

ハンドルやレバーまわりのボルトは周辺部品のデザインや形状に合わせて組み付けられている場合も多く、使える工具が限定されることもある。またスムーズに操作できるよう微調整を行う際に、ボルトを何度も締めたり緩めたりすることもある。

そんな時こそ、デリケートな入力に対してダイレクトに反応する「ネプロス6.3sq.」が活躍する。めがねレンチではヘッド部分が干渉するレバーホルダーのボルトも、外径がスリムなソケットなら余裕で調整できる。L型六角棒レンチでは周囲に干渉しがちなハンドルクランプのキャップボルトも、スピンナハンドルとヘキサゴンビットを組み合わせれば、微妙な締め付けで行う仮締めからしっかり締める本締めまで、掛け替え不要でストレスなく作業できる。

レバーやハンドルの角度を合わせるだけでライディングに集中できるようになるもの。何かしっくりこないと感じたら、ネプロスのシブイチで調整してみよう。

ラチェットやソケットの精度の高さをエンジンメンテナンスで実感

ハンドルやレバーの角度を合わせる際は、ボルトを仮締め状態で調整することも多い。ネプロスのラチェットハンドルは仮締めと本締めの微妙な境界線のトルク感が伝わりやすく使用感が良い。スタッビハンドルはクイックスピンナのように指先で操れるのが魅力。

ネプロス 6.3sq.ラチェットハンドル NBR290/スタッビラチェットハンドル NBR290H

【ネプロス 6.3sq.ラチェットハンドル NBR290/スタッビラチェットハンドル NBR290H】●標準税抜小売価格9000円/8550円 [写真タップで拡大]

ネプロス 6.3sq.ラチェットハンドル NBR290|クランクシャフトに使用
ネプロス 6.3sq.ラチェットハンドル NBR290|カムスプロケットボルトに使用

エンジン腰上を分解する際は、ピストンを圧縮上死点にしてカムスプロケットボルトを緩めるのがセオリー。単気筒ならクランクシャフトもシブイチで軽く回せる。カムスプロケットボルトにもトルク感が伝わりやすい6.3sq.ラチェットが良い。大は小を兼ねるが、デリケートな作業では繊細なシブイチが勝る。 [写真タップで拡大]

ネプロス 6.3sq.ソケット(六角) NB2-08/10/12

【ネプロス 6.3sq.ソケット(六角) NB2-08/10/12】差込角が6.3sq.であればソケット外径がスリムにできるのも当然だが、ネプロス6.3sq.はそれにも増してシェイプアップに注力している。対辺8mm外径11mm/対辺10mm外径13.4mm/対辺12mm外径15.8mmという薄肉ぶりは驚異的だ。●税抜標準小売価格:1010円/1110円/1110円 [写真タップで拡大]

ネプロススピンナハンドルとビットでトラブルの元、オーバートルクを回避

本締めに使える強度があり、ドライバーのように早回しもできるスピンナハンドルは、90枚ギアのラチェットハンドルに劣らぬ魅力的な駆動工具だ。エクステンションバーと組み合わせれば、狭い場所での使いやすさ抜群だ。

ネプロス 6.3sq.スピンナハンドル NBS2/エクステンションバー NBE2-025/050

【ネプロス 6.3sq.スピンナハンドル NBS2/エクステンションバー NBE2-025/050】●税抜標準小売価格:4480円/1310円/1600円 [写真タップで拡大]

ネプロス 6.3sq.スピンナハンドル NBS2
ネプロス 6.3sq.スピンナハンドル NBS2

パイプハンドルのクランプは前後ともホルダーに接するタイプと片側が浮くタイプがある。ヤマハSR400のクランプは前後接触タイプで、キャップボルトで固定される。L型六角棒レンチだとハンドルとの干渉を避けるため長軸と短軸を差し替えて作業するが、スピンナハンドルを使えば仮締めから本締めまで差し替えることなく、タレ角調整もスムーズにできる。 [写真タップで拡大]

ネプロス 6.3sq.スピンナハンドル NBS2
ネプロス 6.3sq.スピンナハンドル NBS2

上死点を確認するタイミングホールキャップ周辺には補機類が配置されていることもある。ネプロス6.3sq.ヘキサゴンビットソケットは作業内容に応じて軸長を選択できる。 [写真タップで拡大]

ネプロス 6.3sq.ヘキサゴンビットソケット NBT2-06/スタッビヘキサゴンビットソケット NBT2-06SS

【ネプロス 6.3sq.ヘキサゴンビットソケット NBT2-06/スタッビヘキサゴンビットソケット NBT2-06SS】耐摩耗性向上のためのチタンコーティング色が鮮やかなヘキサゴンビットソケット。軸長はロング/スタンダード/スタッビの3種類。対辺6mmのスタンダードの軸長は26mmでスタッビは5mm。極端な短さでねじれ感がないのがスタッビの特長だ。●税抜標準小売価格:2430円/2430円
[写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

※この記事はバイクいじりの専門誌『モトメカニック』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報