新グラフィックでシャープな印象に

ホンダ新型「CBR650R」登場! シートカウルまわりをリファイン&新型フォークに

ホンダは、並列4気筒エンジンを搭載するフルカウル・ロードスポーツモデルの「CBR650R」をマイナーチェンジし、2021年モデルとして2021年1月28日に発売する。2019年にCBR650F→CBR650Rとなってから初めてのモデルチェンジで、新たにSFF-BPを新採用している。

路面追従性の向上と軽量化を両立するSHOWA製の倒立フォーク「SFF-BP」を採用

ホンダは並列4気筒エンジンを搭載するフルカウル・ロードスポーツモデル「CBR650R」の2021年モデルを発表。主な変更点はカラーリングとシートカウル&リヤフェンダーの形状で、さらにフロントフォークは新たにSHOWA製SFF-BP(セパレート・ファンクション・フロントフォーク・ビッグピストン)を採用している。

シートカウルとリヤフェンダーは、よりエッジの利いた形状に変更されたほか、フルフラットデザインのメーターは文字サイズを拡大させるとともにバックライトの照射角度を変更して視認性を高めた。

扱いやすい車体に低回転域から高回転域まで伸びやかな回転フィーリングを堪能できるエンジンには、アシストスリッパークラッチ、ホンダセレクタブルトルクコントロール(HSTC)を引き続き採用。また、別売りの純正アクセサリーには、携帯端末の充電などに便利田USBソケット(TYPE-C)が追加設定されている。

価格はブラックが105万6000円、レッドが108万9000円。発売日は2021年1月28日だ。

HONDA CBR650R[2021 model]

【HONDA CBR650R[2021 model]】主要諸元■全長2120 全幅750 全高1150 軸距1450 シート高810(各mm) 車重206kg(装備)■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 648cc 95ps/12000rpm 6.5kg-m/8500rpm 変速機6段 燃料タンク容量15L■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格&色:マットバリスティックブラックメタリック=105万6000円、グランプリレッド=108万9000円 ●発売日:2021年1月28日

HONDA CBR650R[2021 model]グランプリレッド [写真タップで拡大]

HONDA CBR650R[2021 model]グランプリレッド [写真タップで拡大]

HONDA CBR650R[2021 model]マットバリスティックブラックメタリック [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報