『バイクの日』に1号店オープン

エンジンじゃできなかった! イオン海老名SCに電動バイク専用 インドアスポーツ施設「e-TRAIL PARK」

オートバイの全国レンタルサービス『レンタル819』を運営するキズキレンタルサービスは、日本初の試みとして、電動バイク専用のインドアスポーツ施設「e-TRAIL PARK(イー トレール パーク)」をオープンした。場所は神奈川県海老名市のイオン海老名SC内モトパラ@エビナだ。

排ガスを出さない電動バイクだからこそ、インドアでも成立する!

オートバイの全国レンタルサービス『レンタル819』を運営するキズキレンタルサービスは、日本初となる電動バイク専用インドアスポーツ施設「e-TRAIL PARKの1号店を神奈川県海老名市のイオン海老名SC内モトパラ@エビナに出店、2021年8月19日にオープンした。

これは同7月30日にオープンしたレンタルバイクの「レンタル819」とレンタルEVサービス(電動バイク)の「eレンタル819」に続くイオン海老名内の施設。このたびオープンした「e-TRAIL PARK」と併せて、電動バイクを含むレンタルバイク、およびEVバイクの販売、そしてインドアスポーツというコンテンツが集合したエリアを「モトパラ@エビナ」として展開する。

モータースポーツを身近にしたい! と願うバイク関係者は多いが、エンジンを搭載したバイクではどうしても排ガスと騒音が問題になるので、都市部での展開は難しかった。しかし、これが電動バイクになると排ガスの問題がなくなり、低騒音というメリットもあるため、室内でのモータースポーツが低コストで実現できるとともに、一般の方に与える“圧”も非常に小さくなるはず。

SUR-RON Light Bee X(写真大)/SUR-RON Light Bee S(写真小)
[写真タップで拡大]

SUR-RON Light Bee X(写真大)/SUR-RON Light Bee S(写真小)

e-TRAIL PARKは、マウンテンバイクにも似た電動トレールバイクを使用することで実現した、EVバイクのための新しい遊び場として設置された日本初の全天候型屋内施設だ。原付以上の免許保有者を基本に、条件をクリアした15歳以上であれば利用可能(18歳未満は保護者の同意が必要/身長150cm以上で車両に乗って両足が着くことが条件))。走行車両として軽量コンパクトなSUR-RONのスタンダードモデル「Light Bee S」や、パワフルな出力特性とオフロードの走破性が高いサスペンションなどを装着した「Light Bee X」が用意されている。コースは初級、中級、上級の3種類を設け、それぞれのレベルに合わせてゲーム感覚で思いっきり遊べるぞ!

なお、今後はバイカーズパラダイス南箱根や北軽井沢に、屋外/屋内のe-TRAIL PARKをオープンさせる予定だという。Coming Soonというコチラも楽しみだ。

e-TRAIL PARK 海老名
e-TRAIL PARK 海老名

e-TRAIL PARK 海老名 [写真タップで拡大]

■店舗概要
店 舗 名:e-TRAIL PARK 海老名
オープン日:2021年8月19日(木)
所 在 地:神奈川県海老名市中央2-4-1 別館1階
電話番号:080-3722-3861
営業時間:11:00~18:00(定休日:月曜)
https://www.rental819.com/ev/e-trail-park/

■ご利用料金(価格は全て消費税込み)
1回約20分 1,650円 (レンタルEVバイク+コース走行料)
延長料金 1,320円(1回約20分)
レンタルヘルメット、プロテクター  各330円/回

<初回のみ>
電動バイクの特性や操作方法、e-TRAIL PARK独自のルールのご説明時間として初回講習を受講いただければ、今後展開予定のe-TRAIL PARKが初回講習なしでご利用いただけます。
登録料  550円
講習料 1,320円

■ご予約方法
店頭にてご予約を承ります。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報