“バイクでソロキャンプ”失敗しないシュラフの選び方【軽量コンパクトなのは登山用マミー型】

"バイクでソロキャンプ"失敗しないシュラフの選び方

自分一人分の荷物をバイクに積んで、気の向くままに時を過ごせるソロキャンプスタイルは、他の手段では得られない格別な”自由”を堪能できるのだという。では何をどうすればその自由を手に入れられるのか? 本記事では寒くて眠らない夜を過ごすことのないよう、適切なシュラフの選び方について取り上げる。

●文:谷田貝洋暁 ●写真:武田大祐

バイクでソロキャンプ|ガイド役:谷田貝洋暁
[写真タップで拡大]

【ガイド役:谷田貝洋暁】登山/自転車/カヌーによるキャンプ歴が、バイク歴より随分長いライター。運ぶ荷物が限られる縦走登山からの反動か、バイクキャンプはとにかく大荷物。

軽量コンパクトなのは登山用のマミー型

ファミリーキャンプ用では四角い封筒型も使うが、積載スペースの限られるバイクキャンプでは、少ない布量で最大限の保温性を確保した山岳用のマミー型が便利。それに、そもそもシュラフが重要になるのは、高地や春秋の肌寒い場所で使用するような状況。寒くて眠れない夜は想像するより過酷で、それだけでキャンプを嫌いになる理由になる。シュラフはケチらず、ちょっとオーバースペックぐらいの製品を選んでおくと、いつでも快適なキャンプライフが送れるだろう。

選び方その1:対応温度

まともなシュラフは「これ以下の気温では使わないでください」という、使用限界の温度が設定されている。暑いぶんには中に入らなければいいだけなので、マイナス気温対応のアイテムを選んでおくと、春先や秋口の使い勝手がいい。逆に温度設定がないモデルは”その程度”と心得て使うこと。

バイクでソロキャンプ|シュラフの選び方|対応温度
[写真タップで拡大]

“寒くて寝られない…”のが嫌なら、シュラフはオーバースペックな方がいい。筆者は春秋はマイナス10度対応のシュラフを常用している。

選び方その2:化繊かダウンか?

暖かさも、軽さも、コンパクトさにおいても断然ダウンが有利。…なのだがダウンはとにかく高価で、化繊のシュラフの倍近いと思っていい。一方の化繊は、畳寸法が大きく嵩張るが、それさえ我慢できれば、手軽に洗えて使い勝手がいい。

バイクでソロキャンプ|シュラフの選び方|素材
[写真タップで拡大]

化繊のシュラフでも、別売のコンプレッションベルトを使うとちょっとだけ小さくできる。

選び方その3:伸縮性

一見、窮屈そうに見えるマミー型のシュラフだが、最近は内部にゴムが内蔵され、ストレッチ性のある寝心地のいいモデルも増えている。肩幅が広めの自覚があったり、寒がりの人はこのストレッチタイプのモデルを選んでおこう。

バイクでソロキャンプ|シュラフの選び方|伸縮性
[写真タップで拡大]

メーカーによっては、レギュラー/レディス/ロングなど、身長でサイズが選べる場合もある。

選び方その4:収納サイズ

化繊のシュラフを選ぶとすれば、兎にも角にもキャンプ道具の中で一番大きな荷物になる。化繊であまりコンパクトではないシュラフを選ぶなら、シートバッグはとにかく容量の大きなものを用意した方がいい。

バイクでソロキャンプ|シュラフの選び方|伸縮性
[写真タップで拡大]

ほぼ同じ温度設定のモデルでも、並べてみるとここまで変わる。

おすすめシュラフカタログ

デイトナ NANGA オーロラライト400DX ツーリングエディション

760フィルパワーのダウンを使い、快適温度が3度、下限温度がマイナス2度に設定されたシュラフ。ちょっと値段は張るが、ナンガによる永久保証付き(一部有償修理)で、修理可能な限り面倒を見てもらえるのが嬉しい。収納袋は、防水にこだわったデイトナオリジナル仕様。対応身長は180cm。

バイクでソロキャンプ|シュラフ|デイトナ ナンガ オーロラライト400DX ツーリングエディション

【デイトナ ナンガ オーロラライト400DX ツーリングエディション】●中綿:ダウン(760FP) ●重さ:850g ●収納サイズ:φ17.5×30cm ●下限温度:3度/-2度 ●色:茶 ●価格:3万9600円[デイトナ [写真タップで拡大]

バイクでソロキャンプ|シュラフ|デイトナ ナンガ オーロラライト400DX ツーリングエディション
[写真タップで拡大]

ナンガはダウンにこだわる国内のアウトドアメーカーで、シュラフは永久保証付き。

コールマン コルネットストレッチII/L-5

使用下限温度がマイナス5度以上に設定された化繊のシュラフ。ジッパーがセンターにあり、サイド部分のジッパーを開けば、手足を出して着たまま動くことも可能。全長は205mmと長めのアメリカンサイズで、余裕を持ってゆったり寝ることができる使用下限温度を0度に設定したコルネットストレッチII/L0(1万1800円)もある。

バイクでソロキャンプ|シュラフ|コールマン コルネットストレッチII/L-5

【コールマン コルネットストレッチII/L-5】●中綿:化繊 ●重さ:約1600g ●収納サイズ:φ45×25cm ●下限温度:-5度以上 ●価格:1万3800円[コールマンジャパン [写真タップで拡大]

モンベル バロウバッグ#2

使用限界温度をマイナス4度に設定した化繊のシュラフ。収納サイズはφ20.5×41cmとかなり大きめだが、コンプレッションが可能なスタッフバッグも付属し、右ジッパーモデルと左ジッパーモデルから選ぶことができる。対応身長は183cmまでで、同社独自のストレッチ機構で着用したままあぐらもかける。

バイクでソロキャンプ|シュラフ|モンベル バロウバッグ#2

【モンベル バロウバッグ#2】●中綿:化繊 ●重さ:1554g ●収納サイズ:φ20.5×41cm ●下限温度:2度/-4度 ●色:黄 ●価格:1万9250円[モンベル [写真タップで拡大]

モンベル シームレスダウン ハガー800

より暖かい800フィルパワーのダウンを使用し、限界温度をマイナス1度に設定。特筆すべきは、登山用として開発された555gという軽さとφ13×26cmという収納サイズ。特に収納サイズは他の化繊モデルに比べると半分と考えていいだろう。着用したままあぐらもかけるスーパースパイラルストレッチシステム搭載。

バイクでソロキャンプ|シュラフ|モンベル シームレスダウン ハガー800

【モンベル シームレスダウン ハガー800】●中綿:ダウン(800FP) ●重さ:555g ●収納サイズ:φ13×26cm ●下限温度:4度/1度 ●色:緑 赤 ●価格:3万3000円[モンベル [写真タップで拡大]

バイクでソロキャンプ|シュラフ|モンベル シームレスダウン ハガー800
[写真タップで拡大]

φ13×26cmの納サイズは、ちょっ大きめのレインウエアぐらいのサイズ感だ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報