“バイクでソロキャンプ”失敗しないマットの選び方【寝心地で選ぶなら断然エアマット】

"バイクでソロキャンプ"失敗しないマットの選び方

自分一人分の荷物をバイクに積んで、気の向くままに時を過ごせるソロキャンプスタイルは、他の手段では得られない格別な”自由”を堪能できるのだという。では何をどうすればその自由を手に入れられるのか? 本記事ではテント泊の寝心地の決め手となるマットの選び方について取り上げる。

●文:谷田貝洋暁 ●写真:武田大祐

バイクでソロキャンプ|ガイド役:谷田貝洋暁
[写真タップで拡大]

【ガイド役:谷田貝洋暁】登山/自転車/カヌーによるキャンプ歴が、バイク歴より随分長いライター。運ぶ荷物が限られる縦走登山からの反動か、バイクキャンプはとにかく大荷物。

寝心地で選ぶなら断然エアマット

凹凸や小石もある地面で寝るキャンプにおいて、シュラフの下に敷くマットは安眠のための最重要アイテム。朝起きた時に背中が痛かったり、地面の石ころが気になって眠れなかったり…なんてことはこのマットの質で防ぐことができる。夏の暑い時期にしかキャンプしないというのであれば、シュラフよりも重要視したいところだ。現状、選択肢はエアマット/ウレタンマット/銀マットだが、安眠したいならエアマットを選ぶといいだろう。

選び方その1:エアマット

空気で膨らませるエアーマットは、収納サイズがコンパクトなことはもちろんだが、特筆すべきはその寝心地。主流スポンジフォームが内蔵されたタイプは、厚さ数cmでも背中がゴツゴツするようなことはなく、断熱効果が高いから寒い日も底冷えもしない。耐久性に関しては屋外使用OKのモデルを選ぶと長持ちする。

バイクでソロキャンプ|エアマット

収納時にはレインウエアぐらいの大きさになり収納性が高い。ウレタンレスのエアマットなら、膨らますのがちょっと面倒だがさらに小さくなる。 [写真タップで拡大]

バイクでソロキャンプ|エアマット

ウィークポイントは折り畳み時。朝の寝ぼけた頭でエアマットの空気を絞り出すために五体投地するのが面倒なのだ。 [写真タップで拡大]

選び方その2:銀マット

とにかく安いのが特徴で、ホームセンターをはじめいろいろなところで手に入れられる。しかし寝心地はと聞かれると”ないよりはマシ”というのが正直なところ。多少のクッション性や断熱性はあるが、安眠が確保できるとは言いにくい。

バイクでソロキャンプ|銀マット

厚さ5mmほどではクッション効果はそこそこ。ちなみに滑りのいい銀面と、グリップのいい青い面はどちらが上でもOKだ。 [写真タップで拡大]

バイクでソロキャンプ|銀マット

銀マットに限ったことではないのだが、長い筒状のアイテムが荷物にあるといかにも”キャンプに行きます!”的な演出ができる。 [写真タップで拡大]

選び方その3:ウレタンマット

銀マットを超高級にしたようなアイテムがウレタンマット。厚みは中には数cmあるものもあり、銀マットに比べれば格段に寝心地がいい。ただし、エアマットのように空気が抜けないので、かさ張るのが玉にキズ。ロールタイプと折り畳み式があり、値段もエアマットほどではないが数千円はする。

バイクでソロキャンプ|ウレタンマット

[写真タップで拡大]

おすすめエアマットカタログ

デイトナ インフレータブルマット

ウレタンフォーム内蔵タイプで、厚さ3.5cmを確保し、寝心地抜群。また188cmと長めのサイズなのも使いやすい。収納サイズはちょっと大きめだが、このコストパフォーマンスなら納得。

バイクでソロキャンプ|デイトナ インフレータブルマット

【デイトナ インフレータブルマット】●サイズ:W55×D188×H3.5cm ●収納サイズ:φ17×30cm ●重さ:約1150g ●色:灰 ●価格:4950円[デイトナ [写真タップで拡大]

バイクでソロキャンプ|デイトナ インフレータブルマット

3.5cmはかなり厚みを感じる。もちろん空気の入れ具合を変えることで柔らかさも調整できる。 [写真タップで拡大]

バイクでソロキャンプ|デイトナ インフレータブルマット

収納袋は余裕があり、コンプレッションベルト付きなのでラクラク収納。バッグへの外付けも可能だ。 [写真タップで拡大]

サーマレスト トレイルライト

エアマットの代表格がサーマレスト。特筆すべきはその耐久性であり、地面に直に使っても穴が開きにくいタフさを持っている。同製品は厚さ3.8cmを確保し、長さ196cmのラージサイズ(1万5400円)もある。

バイクでソロキャンプ|サーマレスト トレイルライト

【サーマレスト トレイルライト】●サイズ:D51×W183×H3.8cm ●収納サイズ:φ15×28cm ●重さ:740g ●色:灰 ●価格:1万3200円[モチヅキ [写真タップで拡大]

バイクでソロキャンプ|サーマレスト トレイルライト
[写真タップで拡大]

内部のウレタンフォームを肉抜きすることで740g(ラージは1050g)の軽さを実現している。

コールマン キャンパーインフレーターマット シングルIII

さすがアメリカンサイズで長さ195cmを確保。これだけの長さがあれば、結露で濡れがちな足元部分をちょっと折り返して使うことができて便利。畳寸法の長さが70cmと大きめだが、この価格は魅力的だ。

バイクでソロキャンプ|コールマン キャンパーインフレーターマット シングルIII

【コールマン キャンパーインフレーターマット シングルIII】●サイズ:D63×W195×H5cm ●収納サイズ:φ15×70cm ●重さ:約1800g ●色:赤 ●価格:7980円[コールマンジャパン [写真タップで拡大]

バイクでソロキャンプ|コールマン キャンパーインフレーターマット シングルIII

ボタンによる連結が可能で、複数枚使用する場合にはズレを防ぐことができる。 [写真タップで拡大]

バイクでソロキャンプ|コールマン キャンパーインフレーターマット シングルIII

付属のスタッフサックを空気ポンプ代わりに簡単に膨らませられる。 [写真タップで拡大]

モンベル U.L.コンフォートシステム キャンプパッド38/180

幅60cmのゆったりサイズが確保された厚み3.8cmのエアマット。同社では、厚み2.5cmの薄くて軽い登山用や5cm厚のシリーズがあり、全身が収まる180cmサイズのほか、150cm/90cmと用途によって選べるようになっている。上部には枕固定用のストラップ。

バイクでソロキャンプ|モンベル U.L.コンフォートシステム キャンプパッド38/180

【モンベル U.L.コンフォートシステム キャンプパッド38/180】●サイズ:D60×W180×H3.8cm ●収納サイズ:φ14.5×60cm ●重さ:1057g ●色:黄 ●価格:1万2100円[モンベル [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報