駆るのは中須賀克行選手

このカラー発売希望!! ヤマハWGP参戦60周年記念カラーの「YZF-R1」が全日本ロードを走る!

ヤマハは、ロードレース世界選手権(WGP)参戦60周年を記念し、2021年7月18-19日に鈴鹿サーキットで開催される全日本ロードレースにスペシャルカラーのYZF-R1で参戦することを発表した。走らせるのは「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」の中須賀克行選手だ。

カタールGPの60周年記念YZR-M1に続け! より市販車をイメージさせる60周年YZF-R1

ヤマハは今年、MotoGP開幕前の公式テストが行われたカタールのロサイルインターナショナルサーキットにロードレース世界選手権(WGP)参戦60周年記念のYZR-M1を持ち込み、テストライダーのカル・クラッチローのライドによりお披露目。60周年記念のスペシャルカラーは、1980年に“キング”ことケニー・ロバーツが走らせたYZR500(0W48)をモチーフとした、白ベースに赤のストロボライン(スピードブロック)をあしらったものだった。

[写真タップで拡大]

1980年にYZR500として初めてアルミフレームを採用した0W48は、前後サスペンションにも新技術を投入。フロントブレーキのアルミ製キャリパーを装備し、YPVSの改良によるエンジン全回転域のパワーアップと、冷却系見直しによる信頼性向上を果たした。“キング”ことケニー・ロバーツの3年連続GP500チャンピオンを支えたマシンの1台だ。

もちろんヤングマシンとしてはこんなおっさんホイホイに喰い付かないわけはなく、たとえ望みはなくとも「市販化希望!」と騒ぎ立てたものだった。

だがしかし、今回は話が別だ。なぜこんなに鼻息が荒いかというと、プロトタイプのYZR-M1と違って、市販車をベースとしたJSB1000に参戦するYZF-R1が同様のカラーリングをまとってきたからだ。最近のスーパーバイクマシンは、元の市販車状態のイメージをより残すべく、ヘッドライトを模したステッカーなどで彩られるのがトレンドになってきている。すなわち、今回の60周年記念カラーは、ミラーとウインカー、テールランプさえ取り付ければすぐに市販車イメージになるんじゃないの? と思わずにはいられないわけだ。

YAMAHA FACTORY RACING TEAMの中須賀克行選手と60周年記念カラーYZF-R1。かっこよ! [写真タップで拡大]

もしも本当に60周年記念カラーを市販車に……なんて話になったら、R1だけでなくYZF-R3/R25や、今冬に国内発表される予定のYZF-R7なんかにも似合うんじゃないか、と妄想は膨らむばかりなのである。ちなみに50周年の時にはスペシャルカラーのTMAXとか発売されているんですけどね。

……さて、気を取り直して、と。

このマシンを全日本ロードレースで走らせるのは、「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」の中須賀克行選手。全日本最高峰のJSB1000で9度ものチャンピオンを獲得しているトップ中のトップライダーだ。このマシンで参戦するのは、2021年7月18-19日の全日本ロードレース選手権 第53回MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿を皮切りに3大会。1955年から挑戦を続け、1961年からWGPへと参戦してきた先人たちへのリスペクトを胸に、鈴鹿、岡山、九州を疾走する。目指すは10度目となるJSB1000のチャンピオンだ。

WGP参戦60周年記念カラー YZF-R1
WGP参戦60周年記念カラー YZF-R1

WGP参戦60周年記念カラー YZF-R1 [写真タップで拡大]

YZF-R1 WGP参戦60周年記念カラーで参戦する全日本ロードレース選手権は以下の通り。

7月17-18日 第5戦 第53回MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿(三重県)
9月4-5日  第6戦 スーパーバイクレースin岡山
9月18-19日 第7戦 スーパーバイクレースin九州(大分県)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報